この映画は『生きているだけで素晴らしい』のだと訴えています。