注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【パラノーマル・アクティビティ(ネタバレ)】ケイティの正体は何だったのか徹底考察!オリジナル版とDVD版の結末の違いは?

出典元:https://https://www.amazon.co.jp/dp/B07WWGH5QL/cinema-notes-22

2007年製作の本作『パラノーマル・アクティビティ』は何よりも話題性にあふれた映画です。

撮影日数わずか7日。場所は監督の自宅のみ。キャストは無名俳優。制作費は日本円でわずか150万円ほど。

そんなホラー映画が最終的に190億円を越す特大ヒットを記録したのです。

また、かのスピルバーグ監督が大絶賛した作品としても知られています。

しかし、実際この映画は数万円でできるホームムービーのようです。そんなものがなぜ世界的なヒットを果たしたのでしょうか。

また、衝撃のラストを観てケイティの正体って一体何?と思った人もいるでしょう。

そしてこの映画には日本版のDVDでは観れないオリジナルの結末もあります。そういったことを解説してゆきましょう。

オリジナル版とDVD版の結末の違い

映画パンフレット★『パラノーマル・アクティビティ』/オーレン・ペリ監督、ケイティー・フェザーストン、ミカ・スロート

『パラノーマル・アクティビティ』には主に3つのエンディングがあります。どのエンディングがベストなのでしょうか。

リアリティ重視のオリジナル版

オリジナル版のエンディングは、日本発売のDVDでは観ることができません。概要はこうです。

撮影カメラはミカが寝室に置いた固定カメラのみ。ケイティとミカのカップルは寝室で就寝中。

そのうち寝室に侵入した悪魔にとりつかれたケイティがフラフラと1階に降りて叫び声を上げる。

驚いたボーイフレンドのミカが1階に降りた後、下で2人の争うような声が寝室に聞こえてくる。

ここまでは以下に書く2つのエンディングと同じで、ここからが異なります。

血まみれのナイフ片手に寝室に1人で戻ってきたケイティは何日かそこで過ごす。連絡が取れないことで彼女の友人が訪れ、ミカの死体を発見。

友人の通報で警官が家を訪れケイティと対峙。ナイフを離さなかったことから警官は彼女を射殺する。

その後、警官が家宅捜索するシーンで映画はジ・エンドとなります。

このオリジナル版のエンディングはリアリズムを重視したといえるでしょう。最後まで本当に起きたことだと鑑賞者に訴える終わり方です。

本作は「ファウンド・フッテージ」といって、死者や行方不明者が残した映像記録という体を取っています。

この終わり方はそれにより忠実なものだともいえるでしょう。

スタジオ・エンディング(日本のDVD特典映像)

アメリカではスタジオ・エンディングと呼ばれるものが日本ではDVDの特典映像として観れます。

ケイティが1人ナイフを持って寝室に戻ってくるまではオリジナルと同じ。

その後、彼女はミカが寝室に置いたカメラに向かって首をかき切り、血しぶきをあげて倒れる。そこでジ・エンドです。

このエンディングは最もダメなものでしょう。ホラー映画はショックを与えるだけの衝撃映像集ではありません。

この終わり方には、ただ鑑賞者をビックリさせようとする悪意しか感じられません。

スピルバーグが提案した劇場版(日本のDVD正規版)

パラノーマル・アクティビティ [DVD]

劇場公開版・日本発売のDVDの正規版のエンディングはこうです。

ケイティとミカが1階で争うような声が寝室に響く。まもなく寝室のドアからミカが吹き飛ばされてきて固定カメラに激突する。

血まみれのケイティが寝室に入ってきてカメラ目線で微笑む。そしてカメラを壊そうとしたところでフェイドアウトする。

これはこの映画を気に入ったスピルバーグ監督が提案したものだといわれています。そして、これこそベストだと思った人は多いでしょう。

これはオリジナル版と真逆のアイデアです。つまり最後の最後ですべては映画だったとあからさまに打ち明ける終わり方なのです。

偽ドキュメンタリーとしてユーモアも効いた最高の出口だといえるでしょう。そして何よりこの終わり方だと続編が作れるのです。

実際、この映画はその後約10年に渡って6作ものシリーズ作品を生み出しました。

映画最大の長所

ラップ現象 - Single

映画の内容として最も素晴らしい点について考えます。

観るものの共感を誘う生活に密着した怪奇現象

怪奇現象とは何も特別なものばかりではありません。誰もがほとんど毎日のように体験しているものもあるのです。

その1つに就寝中のラップ現象があります。寝る前か寝ている最中、何か不思議な物音が聞こえることは誰にでも時々あることでしょう。

それがラップ音と呼ばれるものです。そして多くの人はいつしかそれに無関心になるものです。

本作の恐さは、多くの人にとって最も身近にある怪奇現象であるラップ現象を切り口にしている点にあります。

誰もがしょっちゅうラップ音を聞いているだけに、ケイティとミカが襲われる就寝中の奇怪な物音にリアルな共感を覚えるのです。

この映画を観た日の夜に物音が気になってなかなか寝付けなかったという人も結構いるのではないでしょうか。

『呪怨』からひも解くケイティの正体

パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT [Blu-ray]

悪魔に悩まされてきたケイティが最後に豹変したことで、彼女の正体は何だったんだと思った人も多いでしょう。2つの線が考えられます。

悪魔の使いぱしり

本作『パラノーマル・アクティビティ』第一作目で明かされるケイティの素性はわずかです。

8歳の頃から家で怪奇現象が始まり、不審火による火事で家を焼失。その後、転々とするも悪魔に呪われたようにどの家でも同様のことが起こる。

シリーズ全般として観ても後は妹がいることくらいしか分かりません。そのためケイティの正体は推測するしかないです。

監督のオーレン・ペリはDVD特典にもある来日中のインタビューで日本のホラー映画からの影響を明言しています。

アメリカ版の『呪怨』と『リング』が気に入ったそうです。

本作の日本版の続編が「TOKYO NIGHT」になったのも、おそらくJホラーへの敬意からでしょう。

ケイティは『呪怨』で伽椰子に憑依される人たちと重なります。ケイティは映画の中盤で深夜に夢遊病者のように室内をさまよいます。

そこからすでに悪魔の憑依は始まっていたことが考えられます。ケイティの正体は悪魔に使役される半死半生の人だったのではないでしょうか。

悪魔に同化した生身の人間

Who wants to make a deal with the devil? Weekly Planner 2020: Satanic Notebook, Weekly Planner 2020 6x9. ペーパーバック –
深読みするとケイティ自身が悪魔だったとも見れます。

最後のカメラ目線での不敵な笑みは、最初から計画的に事を進めていたかのようなずる賢い印象を抱かせます。

『呪怨』の劇場版1作目の理佳のように、ケイティも悪魔を恐れるあまり悪魔と同化してずっと過ごしてきたのかもしれません。

つまり悪魔になった生身の人間です。

悪魔と一心同体になったケイティが恋人のミカの家でさんざんイタズラしたあげく彼を殺したのだという線もありえるでしょう。

最後のケイティの不敵な笑みもこの筋にピッタリ合致しています。

ミカの絶妙なキャラ

Trading: Tagebuch A4 gepunktet + Register (Tagebuch fuer Day Trader, Boersianer, Aktionaer, Geschenk …) ペーパーバック

ケイティばかりが注目されますが、実は恋人のミカが非常に大きな役割を果たしています。

観る者の共感を誘うアメリカ人のステロタイプ

ミカは自宅のPCで株式投資をするデイトレーダーです。

そんな現実主義の男だけにオカルト系女子のケイティとはバランスが取れた良いカップルになります。

ミカが高価なカメラを買ってケイティの怪奇現象を撮影しようとするのも、そのウソを暴くためでした。

彼は恋人の言うことをまったく信じていなかったのです。

このミカの現実的なキャラは、ホームムービー形式のこの映画の設定にも一役買っています。

ミカはまたアメリカ人男性のステロタイプだといえます。彼の言動は一貫してマッチョな合理主義者です。

ケイティが霊能士を呼ぶと株価の変動は分かるのかとからかい、夜中に怪奇音がするとアメフト選手なみの勢いで現場に突撃します。

オカルトを徹底して信じないミカはホラー映画には最高の導き手になります。

そしてそんな彼がさまざまな怪奇現象を体験することで、多くの鑑賞者がそれをリアルに感じることになるのです。

2つの大きな短所

Pentagram Ouija Board Game 38cm x 38cm

本作は前評判の異様な高さから日本では批判を集めた映画でもあります。2つの短所を見てゆきましょう。

舞台設定を台無しにする映画的な演出

映画は全編ミカの家の中であり、完全ホームムービーの体裁を取っています。

またミカとケイティが本物のカップルにしか見えない素晴らしい演技を披露します。

そのためウソだと知っていても現実であるかのように錯覚させられます。前半はほとんど何も起こらないので退屈だという批判が多くあります。

しかしその何気ない冗長なホームムービー場面があるからこそ、後の怪奇現象にリアリティが出るのです。

一方で映画の後半にあからさまな映画的演出が出てきます。

降霊術に使う文字盤・ウィジャボードが自然発火する。また屋根裏でケイティの幼少期の写真が見つかる。

こういったものはあまりに理にかなっているので白けます。そこで多くの人は、ああやっぱり映画なんだと思わされてしまいます。

わけの分からない怪奇現象にだけ絞っていれば、もっと恐くなったのではないでしょうか。

ホラー映画のご都合展開

パラノーマル・アクティビティ【レンタル落ち】

筋にも大きな穴があります。後半、室内の怪奇現象がエスカレートし、ミカもケイティも我慢の限界に達します。

それでも2人は家に留まりました。多くの人は霊能士に悪魔祓いしてもらうまで知人宅やホテルに泊まればいいのではと思ったでしょう。

ケイティが悪魔につかれているにしても、一度くらいはどこか別の場所に行って大丈夫かどうか試してみるべきだったでしょう。

何があっても同じ家に留まり続ける2人の姿は、自ら悪魔の犠牲になりたいような印象を与えます。

そして、それはまさにホラー映画によくあるご都合展開なのです。

成功の最大の原動力はアメリカン・ドリームにあり

【Amazon.co.jp限定】(初回生産限定)パラノーマル・アクティビティ アルティメットBlu-rayコレクション(A6ステッカー付き)

『パラノーマル・アクティビティ』の大ヒットは異例中の異例だといえます。

特殊なエフェクトがありながらも、この映画には今の時代PC1つあれば誰でも作れるようなホームムービー感にあふれています。

それが世界的な大ヒット作になり、かのスピルバーグも絶賛しました。しかし肝心の中身はそれに値しないといえるでしょう。

映画の大ヒットの最大の原動力はアメリカン・ドリーム的なものにあったのではないでしょうか。

数人による手作り映画が、大手スタジオによる大バジェット映画を打ち負かす

多くの人はそういうストーリーを作りたくて口コミでこの映画の評判を上げ、そして劇場に行ったのではないでしょうか。

この映画は約10年に渡ってシリーズ製作されました。しかしすべてはそのときだけ盛り上がる一種のイベント映画だったのではないでしょうか。

『パラノーマル・アクティビティ』は何よりも「君もやれば何だってできるんだ」というアメリカン・ドリーム的なメッセージを残しました。

その意味でホラー映画として本作は極めてまれな作品だといえます。