出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01N8PDWRB/cinema-notes-22

アニメ映画「クロース」はサンタクロースの誕生秘話を題材にした作品です。

世界中で当たり前のように知られているサンタクロースの存在ですが、その始まりに焦点を当てることで心温まる作品が誕生しました。

スペインで制作された本作は、Netflixで配信され英国アカデミー賞でアニメ映画賞を受賞し高い評価を得ました。

物語のラストで亡くなったクロースがクリスマスに現れる理由は何か?

この記事では作中でクロースたちが偽のおもちゃを準備していた理由と、成長を遂げたジャスパーの決意について考察します。

クロースという人物について

 太ったサンタクロース120ピースジグソーパズル 木製ジグソー脳チャレンジ

まずクロースという人物がどんな人物だったか振り返ってみましょう。

心優しい老人

 斧 野外キャンプ用品 薪割り 手斧 38cm 鉈 ガーデン用手斧 ケース付き 焚き火台

クロースは森に住む孤独な老人でした。妻のことを愛していましたが、彼女に先立たれそれからは一人で暮らしています。

一見恐ろし気な人物に見えますが、子どもが生まれることを望んでいたなど温厚な人物であることが窺えますね。

まだ生まれてもいない子どものためにおもちゃを作るなど、良き父親になれたことも想像できます。

一人で住んでいるといっても人間嫌いなわけではなく、ジャスパーのことも受け入れていました。

このようにクロースは心優しい老人なのです。

子どもへの思い

子どもをのばすアドラーの言葉 子育ての勇気 (幻冬舎単行本)

クロースにとって、子どもへの思いは特別なものでした。

そのためプレゼントを配って子どもたちが喜んでくれることは、何物にも代えがたいことだったのでしょう。

自分の子どもに恵まれたかったクロースですが、子どもたちにプレゼントを配ることで彼らと実の子どもと同様と絆を結ぶことができました。

長年人と離れて暮らしていたクロースが、外の世界と接するきっかけを作ったのが郵便配達員のジャスパーです。

亡くなったクロースがクリスマスに現れる理由

PURPLE 7 クリスマスツリータペストリー & LEDイルミネーションライト 2点セット

ジャスパーと出会い、一緒に過ごしたクリスマスはクロースにとって特別なものでした。

プレゼント配りをきっかけにして起こった様々な出来事は、長年続いていた島の争いを終わらせました。

そしてクロースは島の人々と交流し、彼は孤独ではなくなりました。

それはジャスパーとの出会いから生まれた奇蹟であり、ジャスパーはクロースにとってかけがえのない友人です。

亡くなったクロースがクリスマスに現れるのは、クリスマスが彼の人生にとって最も大切な日であったためと考察できます。

クロースが持っていた優しさが、死後も人生で奇蹟が起こった日に一年に一度だけ現世に現れる奇蹟を起こすのでしょう。

クロースはこれからもジャスパーと、彼の子孫たちの所に現れ続けると考えられます。

スミレンズブルクについて

孤島 (ちくま学芸文庫)