引き離したと思っていたのに悔しがります。そして絵画がなぜ2枚あるのかわかりません。

刻弥はその絵のせいでこれまでずっと苦しんできたし花頴のことをずっと憎んでいたのです。

オモダカの娘のためだと思っていた花頴は刻弥の気持ちを知りショックを受けます。

仲良くなりたくて自分の大好きだった絵を花頴にも見てほしかっただけということがわかりました。

自分のせいで刻弥を苦しめていたことがわかり許そうと思ったのです。

刻弥の祖父と花頴の父親の想い

神童と呼ばれ祖父に信頼されていた刻弥。自分の居場所や価値そして信頼すらも幼いころに失ったことが辛かったのです。

きっと、幼少から寂しい環境にいたのでしょう。

何の不自由もなく天真爛漫な花頴にも同じ気持ちを味合わせてやろうと思ったのです。

でもそこは烏丸家の執事である鳳に教育されていた器の広い花頴との違いでした。

花頴が贋作を見つけ刻弥の祖父と花頴の父親の当時の想いを推測して話をすることで刻弥に楽になってほしかったのです。

刻弥もまさか祖父が本物を見つけてくれていたとは思わなかったので驚きました。

自分のことを見捨てずに将来のことも考えてくれたことを知り安心したのではないでしょうか。

花頴の父親が贋作であったとしても刻弥が大好きな絵だったと知っているから捨てずに大事に取って置いたのです。

烏丸家代々の当主は心が広い。その血は花頴にも引き継がれていたのです。

そんな花頴から人を許すことを教わる刻弥でした。

みんなを信頼していることに気づく

うちの執事が言うことには 映画 ムビチケ クリアファイル チラシ2種 前売特典 King&Prince キンプリ 永瀬廉 神宮寺勇太 ジャニーズ ノーブランド品

刻弥が起こした事件によって花頴と衣更月の絆はかえって深まりました

衣更月に腹を立てたのはもうすでに信頼していたからだと気づいたから。

思っていることを言葉にしなければ伝わらない。雪倉の娘に教わったのです。

花頴は一人になった時に烏丸家で仕えてくれている人達がいかに自分のために働いてくれていたかを理解しました。

だから自覚をもって当主を務めようと心に誓ったのです。

当主として守る

うちの執事が言うことには 非売品 名刺入れ アミューズ(Amuse)

刻弥が帰ってドアを開けると辞めたと思っていた使用人たちが27代目当主として花頴を出迎えます

事件が解決して戻っていて新たに当主を支える決意をもっていました。そこには番犬のペロも。

自分を当主と認めて仕えてくれることを確信してまだまだ未熟の当主花頴は泣きながらみんなを守ろうと決意するのです。

27代目当主として改めて辞令をだす

映画 うちの執事が言うことには 辞令メモパッド 永瀬廉 清原翔 神宮寺勇太 ノーブランド品

当主になることに抵抗して自分の部屋で仕事をしていた花頴が衣更月に促されやっと執務室の椅子に座る覚悟をしました。

最初の出会いかたが悪くてお互いに誤解していただけでした。

衣更月は改めて27代目当主から辞令をもらうことで花頴に忠誠を誓います

この事件を通じて烏丸家が先祖から伝えられてこられた家訓の素晴らしさを改めて確認することができたのです。

鳳が父親に忠誠を誓い、父親も鳳を信頼して任せる。