注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【クリーピー 偽りの隣人(ネタバレ)】注射とクッキーの正体を考察!なぜサキは殺されなかった?家の配置にこだわった意味とは

康子が西野の妻に会おうとすると首を振ったり、高倉に西野が父親でないことを離したりと、澪は西野の妨害をしていました。

高倉夫婦を助ける意志は最初からあったのです。

では、クッキーを食べた高倉夫婦(とくに何度も注射を打たれている康子)は、このまま正気を取り戻し続けるのでしょうか。

どうやら効果は「一時的」なもののようです。

なぜ澪は何も言わずクッキーを渡せるのか?

​白い桜雑貨屋 ブリキ 看板 面白い漫画ピットハンマン解毒剤 サイン ボード 看板 レトロガレージ通り 20x30cm

澪が高倉夫婦にクッキーを渡すとき、なんの躊躇もなく渡し、その場をさりました。

この行動から、澪はクッキーの成分を理解していることが分かります。そこで問題なのは、澪はどこで成分を知ったのか、ということ。

西野と一緒に暮らしていると、澪は薬物依存になった人たちにクッキーを渡していたはずです。それには澪の母親も含まれます。

つまり母親にもそのクッキーを食べさせたからこそ、クッキーがもたらす効果を把握していたのです。

そしてそれが「一時的」と判断できたのは、母親がずっと正気を保っているわけではないから。

現に、澪の目の前で母親が殺されるまで、母親は正気を保っているとは思えない様子でした。

つまり「一時的」にでも高倉夫婦に正気を取り戻させ、西野への復讐を遂げさせるのです。

とくに高倉はまだ一度しか注射を打たれていません。

一度正気に戻った後、完全とはいかないかもしれませんが、康子よりは正気を保てそうです。

本多家が殺された日に早紀はいない

​[クールライフ] COOLIFE スーツケース キャリーバッグダブルキャスター 二年安心保証 機内持込 ファスナー式 人気色 超軽量 TSAローク

本多家の父、母、兄が殺されたのに、なぜ早紀一人だけは生き残っているのでしょうか。

あれだけの完全犯罪を犯し、徹底的に狙った獲物を死に至らしめる術を知っている西野が、早紀を殺さないのはおかしいです。

そこには単純に、一家失踪事件の日付と早紀の予定が関係しています。

早紀は事件当日、修学旅行で一週間出掛けていたことを語りました。つまり、事件があった日に家にいなかっのです。

しかし、早紀が少しずつ思い出す記憶には、電話で家族も薬物を注射されている証言が出ています。

そうなると、次の疑問は「なぜ早紀は注射がされていないのか」ということです。

ただのサイコパスではない

一見西野の殺人は無差別的に行われているように見えます。

しかし、作品内の西野は「ある条件の人」は殺していません。ある条件とは…。

子どもは注射しない

​ショーワグローブ 【パウダーフリー】No.881 ニトリスト・フィット 100枚入 ブルー Mサイズ 1函 NO881M M(掌回り190mm)

作中に澪に薬物の症状が出ている様子はありません両親や兄と一緒に連れてこられた設定ですが、少なくとも母親は注射をされています。

さらに本多家では、早紀の両親と兄も同様に注射された時の症状が出ていたことを、早紀が語りました。

早紀が事件に巻き込まれたのが中学二年生、兄は高校一年生。男の子で高校一年生ならば、ある程度以上大人に見えます。

やはり、西野は子どもに対して注射を打つことはしないのです。

子どもにはマインドコントロール

​マインドコントロール (TO文庫)

西野は子ども(澪)に対して、恐怖でマインドコントロールを行っています。

だからこそ、恐怖の対象である西野が殺された時、澪は暴言を浴びせかけるのです。

一方早紀は、一家が失踪する3日前に修学旅行に出かけています。映画内でその修学旅行は一週間くらい、と語られていました。

とすると、早紀が帰宅するのは事件当日よりも少し後の計算になります。

さらに事件はすでに起きていたので、警察やメディアも騒ぎ立てており、早紀が自由になるのは遥か先のこと。