その影響力はどこまで広がっていくのでしょうか。

若者の道標

自分が何のために生きていくのかが分からなくなる時期を誰もが1度は通るでしょう。

特に10代や20代の若者はそんな不安に心が支配されることは普通にあると思います。

そんな時に音楽で導いてくれるのがクイーン。

フレディが身をもって証明してくれているのが「自分らしく生きる」という妥協のない答えです。

だから世界中の若者を中心にクイーンの人気は爆発したのでしょう。

レディー・ガガの由来

 The Fame (Bonus Tracks)

現代の歌姫レディー・ガガ。この名前はクイーンのヒット曲「Radio Ga Ga」から付けられたことをご存知でしょうか。

彼女が世界的に成功したアーティストになった裏にはクイーンの影響があったことを忘れてはいけません。

またクイーンが影響を与えたのは彼女だけにとどまらず、日本において現在のロックの原型を作ったともされています。

活動当時のみならず今でも音楽の世界に刺激をもたらし続けるクイーンは偉大と呼ぶほかないでしょう。

自己投影できる映画

伝説の証 ~ロック・モントリオール1981&ライヴ・エイド1985 [DVD] 映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観賞して、クイーンの生き様に自己投影した人も多かったのではないでしょうか。

クイーンは順風満帆にスターになったわけではありません。

葛藤や挫折、仲違いを乗り越えて彼らは彼らにしか作れない音楽を世に出してきました。

その裏の苦しみを知ることでクイーンを身近に感じることができたはずです。

突き通した信念

ボヘミアン・ラプソディという曲は当初プロデューサーに発売を反対されていました。

しかしクイーンは自分達が作った音楽に自信があり、結局発売にこぎつけたその曲は大ヒットしたのです。

もし彼らがプロデューサーに押し切られて発売を諦めていたら、あの名曲の存在は消されていたでしょう。

失敗を恐れずに信念を突き通す姿は私達の胸に訴えかけるパワーがあります。

自分も頑張らなきゃと思えた人は少なくないはずです。

人間くささ

ボヘミアン・ラプソディ

クイーンは手の届かないところにいる大スターです。

しかし彼らから人間くささを感じ取れるのが映画「ボヘミアン・ラプソディ」の素晴らしいところでしょう。

心の弱さやコンプレックスをありのままに描いています。

どうやってクイーンが困難と向き合い、乗り越えてきたのか知ることは私達の生きるヒントになるはずです。

フレディはアイデンティティやセクシャリティのために闘い続けているように見えました。