しかし、そんなことは想定内と見切っていた本物の信長は自分の癖を全て影武者にコピーさせます

これによりまず第一段階はまるで通用しませんでした。

しらみつぶしに半殺し

しらみつぶしの時計 (祥伝社文庫)

こうなるともはや3人共半殺しにしてしらみつぶしに本物を特定していくしかありません。

これにより、まず信長・甲に自白させ、更に妻と子供を人質にして本物を吐かせようとします。

こうなると当然甲だけを犠牲には出来ないから乙と丙も正体を割りそうになるのです。

これこそが今川軍の狙いで、数頼みの戦法の場合最初の1人が崩れると後はボロボロ破れていきます。

最終的に本物の信長が機が熟した段階で現われて作戦失敗に終わりましたが、かなり有効な手です。

今川軍もかなり翻弄はされましたが、かなりいい線に行っていたのは間違いないでしょう

3人共打ち首にしなかった理由

世界の残虐処刑史

問題はなぜここまで人海戦術を展開しながら今川軍が3人共殺さなかったのか?ということです。

これに関しては偽者を殺してしまえば亡き君主に会わせる顔がないからと説明されています。

今川軍も命がけの戦いをしているとはいえ、決してむやみやたらと殺しているわけではありません。

あくまでも今川軍なりのこだわりがあるからこそ打ち首にしなかったのではないでしょうか。

この辺り単なる時代劇の切った張ったに依存せず物語を作ろうというこだわりが感じられます。

真打ちはひっそりと暗躍する

落語り帳~真打ち~

上述しましたが、つくづく真打ちや影の実力者は決して表に出ずひっそりと暗躍していることが分かります。

そしてここからもう1つ話を広げると史実の織田信長も本当は影武者だったことも考えられるでしょう。

歴史ものの時代劇というと難しく高尚な印象がありますが、あくまでも歴史の「解釈」に過ぎません

明智光秀に討ち取られたという最期も真相はどうなのか当事者以外全く知る由はないのです。

だからこのようにギャグじみた影武者の話が出ても何らおかしくはありません。

寧ろ可能性を広げてくれ、時代劇に幅を与えてくれたのではないでしょうか。

まとめ

大間違いの織田信長

いかがでしたでしょうか?

本作は一見突飛なギャグ設定と演出、展開が目立ちますが話自体は決して破綻も矛盾もしていません。

寧ろ織田信長の史実も実際は影武者の可能性だってあるのではないか?と考える余地を与えてくれます。

勿論あんなカリスマ性と戦績の持ち主なんてそうざらに居ないでしょうが、可能性がゼロではありません。

表舞台で派手に活躍している人よりも裏方の方が実は凄い働きをしているものではないでしょうか。

表面上に囚われていると実は裏からこっそり本物の信長にしてやられるかもしれません。

常に目に見える側ではなく奥にある本質を見抜く目を持つ大切さを本作は教えてくれました。