翻訳家の想いを感じながらミステリー小説を読みたくなる、そんな映画ではないでしょうか。