多様な人々が理解し合うことは口でいうほど簡単ではなく、でもそれは決して不可能ではないことを思い起こさずにはいられません。