稲葉麻美の彼氏である富田誠を演じているのは田中圭です。

彼の少しおっちょこちょいな性格の人物像がスマホによって引き起こされる恐ろしいトラブルを際立たせています。

スマホをタクシーに忘れてしまうといううっかりした行動が重大事件へとつながってしまうため、映画を通してスマホに対するリスクマネジメントを問うメッセージを送っているのではないでしょうか。

スマホは手放すと危険な現代の命綱!

【映画パンフレット】スマホを落としただけなのに

「スマホを落としただけなのに」のように、スマホをどこかに置き忘れたり落としてしまったりすることは誰にでも起きてしまう可能性があります。

スマホは電話機能やネット検索だけでなくメールやSNSの利用のために日常生活に欠かせない道具となってしまいました。

そのためスマホによるトラブルは跡を絶ちません。

スマホのセキュリティをしっかりしているつもりでも、個人情報が流出してしまったりSNSを通してさまざまなデータが公になってしまったりするリスクと隣り合わせであることを自覚しなければなりません。

映画の中でもなりすましアカウントからのメッセージが勝手に送られたり、クレジットカードが身に覚えのない買い物に使われているシーンがありました。

その他にもSNSに掲載している画像やデータから個人情報が特定されてしまうことがあります。

またSNSやネット上での出会いから思わぬトラブルに見舞われてしまう可能性もあるでしょう。

スマホは今や現代の命綱として欠かすことはほぼ不可能です。スマホを手放してしまうことにより起こり得るトラブルが非常に多いことも忘れてはいけません。

まとめ

スマホを落としただけなのに
映画「スマホを落としただけなのに」についてなぜここまで戦慄させられるのかを徹底考察しました。

スマホは現代社会において欠かせない存在となっているため、手放してしまうと予測できない危険が潜んでいることが映画を通して認識できます。

自分には起こらないトラブルだと考えず、スマホを持つことはリスクも伴っていることを頭に入れて日常生活に役立てることを心がけましょう。