注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【スピード】超安製作費から生まれた大ヒット作品の秘話を徹底解説!監督が激怒したキアヌの髪型とは?噂のモデル作品も紹介

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B008CDB0F6/cinema-notes-22

『スピード』は、1994年に公開したアメリカ映画です。

息もつかせぬ展開の連続やド派手なシーンの数々が目に焼き付いている方も多いのではないでしょうか。

また本作で、キアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロックの二人が一躍有名になりました。

そんな『スピード』ですが、実は超低予算でつくられたことはご存知だったでしょうか。

今回は、キアヌの髪型やモデル作品など、ヒット作の裏側を徹底解説していきます。

ハリウッドを活気づけた『スピード』

スピード (字幕版)

『スピード』は、1990年代を代表するアクション映画の一つです。

それと同時に「ノンストップアクション」というジャンルを確立した映画でもあります。

映画の冒頭から、中盤、そして終盤にかけて繰り広げられるアクションシーン。

終始ド派手なシーンの連続である映画は、現在はそこまで珍しいものではありません。

しかし公開当時、アクションシーンが終始続く映画は少なく、ジャンルとして確立するには至っていませんでした。

そのため、本作が「ノンストップアクション」の先駆けとなったのです。

また、当時ハリウッドのアクション映画は『ダイ・ハード』以降不作続きといわれていました。

そこでハリウッドのアクション映画に活気をもたらしたのも本作なのです。

しかし本作がヒットしたのは、終始派手なシーンが続いたからという単純な理由だけではありません。

犯人との頭脳戦、息もつかせぬやり取りの数々、それも世界中の人を魅了した理由の一つです。

超低予算で作られた大ヒット作

予算はたったの3000万ドル

スピード [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

「ノンストップアクション」というジャンルの確立、ハリウッドのアクション映画の活気づけ。

『スピード』の功績はそれだけにとどまりません。

1995年のアカデミー賞で2部門を受賞するなど世界的な規模で高い評価を受けた。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/スピード_(映画)

本作は映画界で最も知名度のある映画賞も受賞しているのです。

全世界での興行収入は、3.5億ドル(当時の円相場で350億円)を記録。

そんな大ヒット作品の予算はなんと3000万ドル(30億円)でした。

1994年の同じ年に公開したアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『トゥルーライズ』。

こちらは興行収入が、スピードより少し上の3.8億ドルでした。

しかし『トゥルーライズ』の製作費は、本作の3倍強となる1億ドルです。

いかに本作の予算が少ないか、そして予算の割に大ヒットしたのかがよくわかります。

巨額の製作費を投じて大々的な宣伝をした挙句に、多額の損失を出す映画も珍しくありません。

けれども本作は予算がない分、工夫をこらした結果、大ヒットを生み出したのです。

監督も制作をためらうほどの予算

結果として大ヒットした本作ですが、ヤン・デ・ボン監督は撮影を引き受けるか迷ったそうです。

なぜなら製作費が3000万ドルと安かったから。

脚本に派手なシーンやアクションシーンが数多くあるのをみた監督は、本作の制作に非常に難色を示しました。

一方で、本作は監督にとってのチャンスでもあったのです。

ヤン・デ・ボン監督はそれまで撮影監督を務めたことしかありませんでした。

当時50歳を過ぎていた監督は、映画監督になれる最後のチャンスと思い、本作の制作を引き受けることにしたのです。

低予算での撮影の裏側

とにかく倹約の撮影

スピード <日本語吹替完全版> コレクターズ・ブルーレイBOX[スピード2付] (初回生産限定) [Blu-ray]

ヤン・デ・ボン監督が撮影を引き受けたことにより、『スピード』の撮影はスタートしました。

けれども予算が少なかったことで、現場は相当苦労しました。

本作の見所の一つである、アニーの運転するバスがフリーウェイを駆け抜け、次々と車と衝突するシーン。

ここで使われた車の多くは、当時洪水により廃車になった車だったのです。

廃車になった車を安く買い取って、何とか撮影をしました。

CGもほぼ使用しない撮影

本作では3000万ドルという予算の都合により、CGもほぼ使用しない撮影となりました。

数少ないCGのシーンに、序盤のエレベーターの爆破事件があります。

このシーンはエレベーターのミニチュアにキアヌの映像を合成して作られました。

終盤の列車が脱線するシーンでも同じくミニチュアが使用されました。

費用のかかるCGのシーンもミニチュアを使って再現する、低予算の本作ならではの撮影となったのです。

またミニチュアと同様、ミニカーも本作の撮影に欠かせないものでした。

多くの車が激突するシーンのある本作では、スタントマン同士の連携が欠かせません。

そのため撮影の前に、監督とスタントマンとの間でミニカーを使い入念に打ち合わせがされたのです。

苦労の絶えない撮影の連続

スピード [DVD]

倹約しながらの撮影やCGなしの撮影以外にも苦労する点は多かったようです。

その中でも特に衝撃の大きい3つをまとめました。

  • サンドラ・ブロックがバスを運転するシーンで、実はサンドラはほとんど運転をしていない。
  • バスのシーンを撮影するために、12台ものバスを用意。
  • 監督自身がバスに乗り込み、撮影をした。

特別なバスを用意

運転の撮影の際、サンドラはバスをほとんど運転していなかったのです。

一部サンドラが運転するシーンもあり、そのためにサンドラは免許を取得しました。

しかし多くのシーンは、プロのドライバーの運転です。

なかには運転席の真上に座席とハンドルを設置した特別なバスを用意しての撮影もありました。

12台のバスを用意

バスのシーンは本作のメインとなるので、状況に合わせて使うために12台ものバスが用意されました。

外観用から爆破用など主にバスをメインに移す撮影用。

それにアクションシーンや他の車と走らせるために使用するバスもありました。

監督自身が撮影にでる

実は困難を極めたのが、バスの中での撮影です。

狭い車内にはカメラマンや照明・音響など機材をもったスタッフが入り、それに役者もいます。

もちろんスタッフの機材が映るのは映画としてあるまじきことです。

狭い車内で、大人数が大掛かりな機材をもっての撮影は非常に骨が折れたようです。

ときにはヤン・デ・ボン監督自身がカメラをもって、バスでの撮影に挑むこともありました。

監督を激怒させたキアヌの髪型とは

監督の指示を超えてしまったキアヌ

スピード <日本語吹替完全版> コレクターズ・ブルーレイBOX[スピード2付] (初回生産限定) [Blu-ray]
キアヌ・リーブスは髪型のことで、ヤン・デ・ボン監督に激怒されています

監督は撮影前に、髪型を短くするようキアヌに指示をしました。

けれどもキアヌは髪を短くするという指示に対して、ほぼ丸坊主の状態にまでしたのです。

結果、監督から怒られることになったキアヌですが、本人は反省するどころか髪型を気に入っていたようです。

キアヌの髪型が撮影の順番を変えた

主演のキアヌが丸坊主にしたことにより、なんと撮影の順番も変わることになりました。

しかし本作の序盤で、キアヌの髪が丸坊主ほど短かった印象をもつ方は少ないでしょう。

キアヌの髪が伸びるのを待つために急遽撮影の順番を変え、髪型がわからない遠景のシーンからの撮影となったのです。

本格的な撮影が始まったのは、キアヌの髪が伸び始めた3週間後だったといわれています。

大ヒット作品のモデル作とは

脚本家公言のモデル作品『暴走機関車』

暴走機関車 [DVD]

『スピード』にモデル作品があることをご存知でしょうか。

本作の脚本家であるグレアム・ヨストは、モデル作品が『暴走機関車』だと、DVDの音声解説で公言しています。

『暴走機関車』は1985年に公開されたアメリカ映画ですが、実はその原案は黒澤明だったのです。

黒澤明がハリウッド進出の足掛かりとして作ったものでしたが、脚本が翻訳されるなかで内容も変更されました。

制作側と折り合いがつかなかったため、黒澤明が『暴走機関車』の制作から離れたのです。

しかし本作の脚本家であるグレアムの父は『暴走機関車』の撮影に携わっていました。

そこから興味をもったグレアムは『暴走機関車』の脚本を読んで、本作の物語を思い付いたのです。

似たシーンや設定のある2作品

新幹線大爆破

公言はされていませんが、本作と似たシーンや設定のある映画があります。

それが1975年に公開された邦画『新幹線大爆破』1976年に公開されたアメリカ映画『大陸横断超特急』です。

『新幹線大爆破』には、時速80キロを下回ると新幹線が爆破する設定があります。

まさしく本作でのバスのシーンと同じといえるでしょう。

また『大陸横断超特急』はストーリーの流れが本作と似ていることで有名です。

主人公が特急列車で女性と出会い、そこから事件に巻き込まれます。

主人公は次々と乗り物を変えていき、最後は特急列車に戻り、ヒロインと共に列車の暴走に巻き込まれる。

本作と作品の雰囲気は全く異なりますが、物語の設定や流れが似ていると一部ファンの間で話題になりました。

25年後に明かされた驚きの事実

イルマーレ [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

『スピード』で一躍有名となったキアヌ・リーヴスとサンドラ・ブロック。

現在も数多くの映画で重要な役を任されている二人ですが、実は本作の撮影当時両思いであったと明かしています。

二人が当時の思いを明かしたのは、映画が公開されてから25年が経った2019年

アメリカの人気トーク番組に、別々に出演したときでした。

サンドラが先に出演をし、25年前にキアヌが好きだったことを告白

次にキアヌが出演をした際、キアヌもサンドラのことが好きだったと告白し、話題となりました。

結局、仕事の関係のまま撮影の終わりを迎えた二人。

しかし付き合わなかったからこそ、現在まで仲良くしているとキアヌもサンドラも話しています。

低予算やキアヌの髪型、それにモデル作品など作品以外にもみるべきところの多い本作。

そういった作品外のことも知ったうえで観ると、別の魅力や新しい発見があるかもしれません。