注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【海獣の子供(ネタバレ)】海と空について徹底解説!2人の正体と目的とは?なぜジュゴンを抜擢?ラストシーンの意味も考察

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/4865180893/cinema-notes-22

五十嵐大介作の同名漫画をSTUDIO 4℃が、映画としてスクリーンに映し出しました。

「海獣の子供」は大自然の海の魅力を詰め込みながらも、科学的な見解を取り込んでおり少々難解に感じる人もいるようです。

そんな抽象的ともいわれる「海獣の子供」に登場する空と海を中心に、作品の謎を解明していきます。

ジュゴンが意味するものは何か、ラストシーンは何を物語っているのか……。

なんとなく観るだけではもったいない映画の真の意味を紐解いていきます。

隕石誕生説が軸となっている

海獣の子供 4 (IKKI COMIX)

「海獣の子供」を観る際に知っておくべきことがあります。

それはパンスペルミア説と呼ばれる生命誕生説です。

生命は地球の海から生まれたというのがこれまでの一般論でした。

しかし近年、隕石によって生命に必要な有機物が持ち込まれ海で生命を生んだという説が有力になっています。

この説こそが、本作品の軸となる考え方です。

パンスペルミア説の研究に携わった中心人物の名が、ジム・クリーブスというのも、偶然の一致とはいいきれない気がします。

海と空の正体は原子細胞

缶バッジ「海獣の子供」02/海

普通の人間ではない海と空は一体何者なのでしょう。

劇中で明確には語られていない彼らの正体に焦点を当てていきます。

原作では不気味さも感じる存在

漫画版は全5冊で完結しており、映画ではアレンジを加えつつも内容を要約した構成となっています。

映画では少年の爽快さを感じさせる海と空ですが、原作の漫画では不吉な物として扱われた過去を描いています。

人間は未知なるものに出会った時、恐れと不安を感じますが海や空も未知なる生物として畏怖されていたのでしょう。

人魂=隕石=神の精子

劇中で海と琉花は人魂を見に行っています。

この落下した人魂こそが隕石であり、空が病院を抜け出して拾いに行ったものです。

後に空が琉花に飲み込ませていた隕石は、人魂ということになります。

実は原作の中のアングラードのセリフに、隕石が何を示すのか語るシーンがありました。

神の精液は隕石のことなんじゃないか

引用:海獣の子供/出版社:小学館

宇宙の神が欲情した際にこぼれ落ちた精液、と伝承を語る際に発したセリフです。

空と海は原子細胞のひとつ

海獣の子供 (1) (IKKI COMIX)

海中で生物が誕生し、そこへ落ちてくる神の精子……となれば、海中は子宮を意味しているのでしょう。

そして海中で生まれ育った海と空は、いわば卵子であり原子細胞のひとつといえます。

パンスペルミア説でいうなれば、元々地球に存在していた生命誕生に必要な物質のひとつとなります。

隕石(神の精子)と結合することで生命を生み出す存在です。

時期が来れば生まれる存在

海と空は短命だといわれていました。

彼らは時期が来れば生み出され、そして消えていく存在です。

その中で隕石と結合出来たものだけが、星となって誕生していきます。

本作品で二人は特別な存在として描かれていますが、果てしない生命誕生の歴史の中では、必然的で繰り返される存在なのです。

海と空は誕生が目的

缶バッジ「海獣の子供」03/空

海と空は何の為に生まれ、どんな運命を担っていたのでしょう。

子宮の中の卵子

彼らの存在をわかりやすく例えるなら、子宮の中で受精を待つ卵子といえます。

おそらく人の姿をとっていなくても、海中には海や空のような存在が沢山いるのでしょう。

皆が一つの隕石(神の精子)を求めており、今回選ばれたのが「海」だったわけです。

空が海に隕石を譲った理由

彼らが受精を待つ卵子の存在だとしたら、なぜ空は海に隕石を渡したのでしょう。

本来なら自分が使い星となりたいはずです。

隕石を渡した理由はおそらく、選ばれしものが「海」であることを空は感じとっていたのかもしれません。

また台風によって海に異変が起きますが、原作では台風を精霊の舟とよび様々なものを運んでくるとしています。

台風が来たことで、空は海が選ばれしものであると知ったのかもしれません。

誕生祭の為の子供

劇中に使用されている歌に注目してみます。

星の 星々の 海は生みの親

引用:海獣の子供/配給会社:東宝映像事業部

印象的な歌ですが、そのままの意味で解釈すると海と空は星の誕生に必要な存在となります。

地球のような星になることが目的といえるでしょう。

隕石と結合し誕生出来たら星となり天で育つ、そしていつか自らの星で海を作り生命を誕生させる。

この歌こそが、彼らの目的です。

ジュゴンは神の使い

映画チラシ 海獣の子供 芦田愛菜

海獣とは海の哺乳類のことを指していますが、ジュゴンはまさに海獣です。

神からの授かりものともいえる海と空はなぜジュゴンによって育てられていたのでしょう。

日本の「神武東征神話」では海の神

日本の初代天皇といわれる神武天皇の説話集「神武東征神話」にもジュゴンは登場しています。

神武天皇を生んだのがジュゴンの姉妹(海神)なのです。

ジュゴンは昔から、海の神としてあがめられています。

いいかえれば海という宇宙の子宮を守る神という存在です。

ジュゴンは人魚のモデル

ジュゴンは人間のような姿で子供に授乳する生き物です。

これが基になり人魚のモデルといわれています。

温和で人のような行動をするジュゴンは海と空を育てるというキャラクターにピッタリだったのではないでしょうか。

ラストシーンが語るもの

海獣の子供(5) (IKKI COMIX) Kindle版

「海獣の子供」はエンドロールの後に全ての回答が隠されていました。

空は死んでいない

劇中で海と空は光となって消えていきました。

隕石と結合した海は星となって天に昇って行ったと考えられます。

では、選ばれなかった空はどうなのでしょう。

劇中には描かれていませんが、原作では魚たちに食べられていきます。

空と同じように、この誕生祭で選ばれなかった者たちは海の栄養になり、次の誕生祭に再び生み出されるのかもしれません。

エンドロール後に注目

琉花の母親が出産し、琉花がへその緒を切ります。

命を絶つ感触がした

引用:海獣の子供/配給会社:東宝映像事業部

へその緒を切った琉花のセリフですが、ここに生と死の交わりをみることが出来るのではないでしょうか。

子宮から出ることは「死」と意味します。

子宮は海中を意味していますが、海から陸へ出るということは誕生であると共に海獣としての死を意味します。

死ぬということは生まれることであり、生まれるというのは死ぬことなのです。

人間には計り知れない自然の大いなる力を感じます。

椅子の上のハイビスカスは空の転生

エンドロールに登場する椅子にはハイビスカスが置いてありました。

先祖の霊が帰ってくる日には海岸に椅子を置いておく

先祖たちは帰ってきた証拠に、その椅子に何かを置いていく

引用:海獣の子供/出版社:小学館

原作で語られていたエピソードです。

このシーンは映画版でカットされていたために、椅子に置かれたハイビスカスの意味を理解するのは少々困難です。

しかし原作のセリフからひも解いていくと、このハイビスカスは空が生まれかわったことを示唆しているように思えます。

海の生き物としての死を迎えた空(海の幽霊)が置いた花と考えられるのです。

コミュニケーションが隠れたテーマ

映画「海獣の子供」ARTBOOK

「海獣の子供」は生命誕生を描いた壮大な物語です。

しかし映画版では、より琉花に焦点を当て描かれていました。

彼女はコミュニケーションがうまく取れず、周囲から浮いてしまう存在ですが、海や空との出会いによって生まれ変わります。

母親との関係もしっくりこない彼女でしたが、徐々に関係を回復していきました。

細かな描写ですが、琉花の成長に注目して観るというのも「海獣の子供」の楽しみ方のひとつです。

答えはない感覚で楽しむ映画

公式ビジュアルストーリーBook 海獣の子供 (コミックス単行本)

「海獣の子供」は抽象的な描写の多い映画です。

意味を細かく考察していくと、何十通りもの解釈が浮かび上がります。

あえて抽象的に描いたのは、命は神秘的な物であり海は感じるものだということでしょうか。

私達は皆母親の子宮の中で育ち、いわば海から生まれた存在です。

この映画は考え込まず自分の持つ感性で楽しむものなのかもしれません。