注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【日の名残り】ラストシーンが象徴するスティーブンスの生き方を解釈!抑制された感情がわずかに揺れ動く瞬間に何を感じとる?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00FWHAR5E/cinema-notes-22

1993年公開の『日の名残り』はノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの同名小説を映画化した作品です。

イギリスを舞台に「執事」という職に生涯をささげる男の物語が描かれています。

抑えた静的な佇まいや、そこからわずかにあふれ出る感情の変化を見事に演じたアンソニー・ホプキンスの演技は高く評価されました。

主人に忠実で執事という職務に誰よりも真摯に向き合った男の一生は幸せなものだったのでしょうか。

滅多に感情を表に出さないスティーブンスの生き方や、彼の感情がわずかに動いたのはどのような時だったのか改めて解釈してみます。

感情や私情を決してあらわにしないまさにプロフェッショナルに徹した主人公のスティーブンス。

ラストシーンから感じ取れることは一体何でしょうか。

プロフェッショナルな執事としてのスティーブンス

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

スティーブンスは執事として1950年代まで英国の名門のダーリントン卿のもと、彼の死後はその屋敷を買い取ったルイス卿のもとで働きました。

執事としてのスティーブンスがどれほどプロフェッショナルな振る舞いに徹していたか、それを考察します。

ほとんど動かぬ表情

スティーブンスの最大の特徴として、とにかく感情が表に出ないということがいえます。

嬉しいことや悲しいことが起きても、心からの笑顔や涙といった感情表現は行わず、常に冷静かつ合理的な対応。

それゆえ、ケントンからは心無い対応や言動を非難されたり、時にはからかわれたりもします。

劇中、ダーリントン卿に少々面倒な依頼事をされても嫌な顔一つせず対応するシーンも印象的ですね。

カーディナル(ダーリントン卿が名付け親の青年)がダーリントン卿の悪口を言ったときも冷静沈着です。

完璧な執事であるスティーブンスはダーリントン卿だけでなく、後の主人であるルイス卿にも大変頼りにされているのです。

そして執事長として屋敷全体から重宝されている様子がうかがえます。

「私情」は持ち込まない

スティーブンスは「執事」としての職務を忠実に全うすることを何より徹底しています。

そのため、その妨げとなるものは一切受け付けないようにしているのです。

後々関係性が変化していくケントンにも、恋愛や駆け落ちはしないようにと採用面接で強く説明する姿がありました。

このように恋愛や恋愛感情を仕事に持ち込まないようにしている様子が忠実に描かれているのです。

また、ケントンが摘んできてくれた花束に対しても、気が散るからという理由で部屋に花を飾ることさえ許しません。

一見冷たいと思われても仕方がない対応を取るのでした。

また、感情を表に出さないということを象徴する出来事が起こります。

副執事として雇われた実父のウィリアムが会議中に病死してしまうシーンです。

スティーブンスは動揺を決して表に出さず、最後まで会議の成功のため仕事をやり遂げました。

他にもダーリントン卿などに政治的・外交的な質問をされても「執事」という立場をわきまえて一切意見を述べることはありません。

これでもかというくらい感情を出さないシーンを描くことで、スティーブンスの人物像を視聴者に印象付けることに成功したといえるでしょう。

ぶれない主人への「忠誠」

英国執事の流儀[画像版]

スティーブンスは執事として「主人への忠誠」が決してぶれることがありません

また、何よりも主人の意見や意向を尊重することを信条としています。

彼の最初の主人であるダーリントン卿は、次第にナチズムに傾倒していくようになりました。

ユダヤ人女中の解雇をスティーブンスに命じるなど、ナチズムの世界へ足を踏み入れていくのです。

スティーブンスはまさに思想や感情を封印して、ダーリントン卿に仕えることを選んだのでした。

また、主人がルイス卿に変わってからも気晴らしに旅行を勧められるくらいに、執事の仕事に没頭しています。

ルイス卿に迷惑がかかるようなことや、ダーリントン卿に対する意見や悪口を言わない徹底ぶり。

あくまでも「執事」としての立場を守ろうという気持ちが彼のすべての行動から伝わってくるのです。

しかし、そんなスティーブンスが自分の感情でダーリントン卿について述べるシーンがあります。

旅先で立ち寄ったホテルで知り合い、ガソリンを買ってくれた男とのシーン。

ダーリントン卿のもとで働いていたことや彼が素晴らしい紳士であったことを告げるのです。

この場面では「執事」としての忠誠を越えて、ダーリントン卿への忠誠が表出された瞬間といえます。

ケントンとの関係から見えるスティーブンス

図説 英国執事 新装版: 貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化)
時には冷酷にも思えるほど「プロフェッショナル」としての執事に徹するスティーブンス。

しかしケントンと出会い、共に仕事をしていく中で、次第に彼らの関係やスティーブンスの感情が変化していくのも見どころです。

ケントンとの関係から読み取れるスティーブンスはどのようなものでしょうか。

「意見」を明確に持つケントンとの衝突

私情を持ち込まない、そして意見を執事として述べる場面がほとんどないスティーブンス。

対してケントンは率直に発言し、人の気持ちを大切にする性格です。

ウィリアムがミスを重ねた際にも、もっと父親を労わるように進言する優しさを持っています。

これに対しスティーブンスが煙たがったり皮肉で返しても負けずに応戦する様子からは、彼女の真っ直ぐさが感じられるのです。

さらに、スティーブンスと彼女とを対比し、今後の二人の関係を見守る視聴者が様々な感情を抱く演出がなされています。

ユダヤ人女中の解雇の際にも、彼女は最後まで激しく反対し、スティーブンスに強く抗議しました。

こうしたケントンとの「衝突」を通じて、抑制されていた感情が少しずつ揺れ動きはじめるのです。

告げられることのない愛

A Pale View of Hills
スティーブンスは基本的に主人の決定に忠実に従い、意見や私情を持ち込まないスタンスを貫いてきました。

しかしユダヤ人女中の解雇に関しては心を痛めていたことをケントンに打ち明けるのです。

このように、ケントンには彼なりに心を開いている描写が増えていきます。

しかし彼女がベンから求婚されたときや退職の申し出を受けたときは元のスティーブンスに戻る瞬間が描かれていました。

スティーブンスは彼女の真意に気づくことなく、そして彼自身の気持ちにも正直になれなかったのです。

20年後の旅では「失ってはいけないものを取り戻す」ことが目的だという趣旨の発言をします。

これは私情の表し方がわからなくなっていた、という意味なのではないでしょうか。

執事としてのプロ意識ゆえ、私情を持ち込まないようにしていた彼です。

そんな彼が、抑制された気持ちを窮屈に感じはじめた証拠だといえます。

「父」との会話が暗示するもの

父親のウィリアムもまた執事として長年働いてきた人物。

彼との会話からスティーブンスの執事に対する姿勢やその理由がうかがえます。

また、ケントンを巡る「告げられなかった愛」が暗示されるようなやりとりがウィリアムとの会話にありました。

「執事」に対する思い

図説 英国執事 貴族をささえる執事の素顔 (ふくろうの本/世界の文化)
スティーブンスは父から学ぶことは多いと思っていました。

執事として働いてきた経験を持つウィリアムへの尊敬が垣間見える描写も、彼の人間性を象徴しているようです。

ウィリアムの経験やプライドを尊重した采配を行うスティーブンス。

そして思うように働けなくなってもなお「己の仕事を全うすること」をスティーブンスに説くウィリアム。

ウィリアムもまた私情を持ち込まず、自身の体調も顧みず主人に仕えることを信条とする人物でした。

執事という立場でしか自分を出せない二人の生き方が共鳴しているように感じます。

「愛せなかったこと」への後悔と暗示

重なるのは執事の仕事に対する思いやその仕事ぶりだけではありません。

病に倒れたウィリアムが口にした、妻を愛せなかった後悔

二人の後悔すら重なり合うような暗示がここでされていたのではないでしょうか。

スティーブンスに「感情」はあるか

映画会社 キャビネ宣伝写真[ 映画 日の名残 場面シーン]より
常に冷静で感情を決して表に出さないように努めるスティーブンスですが、彼に感情はないのでしょうか?

確かに、彼は「嬉しい」や「悲しい」といったことを発言しませんし、手を叩いて笑ったり、涙を流す場面もありません。

時には冷酷とも思える対応をしたり、相手をおもんばかれないような強烈な皮肉を言ってみたりすることもあります。

終始、およそ人の気持ちに鈍感な様子が見られるのですが、実際にはケントンを思い出して切ない表情をする瞬間がありました。

また父親の死後は「顔色が悪いぞ」とカーディナルに心配されるなど、決して感情がないわけではない、ということが描かれています。

表情のわずかな変化から読み取れるスティーブンスの感情

スティーブンスは感情が読み取れる表情や表現をしませんが、彼の感情や心情をはかるいくつかのヒントを探してみましょう。

ここでは「表情」に注目して、スティーブンスの心情に迫ります。

「笑顔」は照れや動揺を隠すため?

図説 英国メイドの日常 (ふくろうの本/世界の文化)
リジーの可愛さに照れているのでは?とケントンにからかわれた際、彼は作り笑顔でそれを否定しました。

また、ケントンが出ていくときにも作り笑顔で祝福をしているように見えます。

ケントンに「それだけ?」と迫られても、その微妙な笑顔が崩れませんでした。

そして20年ぶりに再会した際も、会話のはじめは笑顔から入っています。

スティーブンスは照れや動揺を隠す時に作り笑顔が出てくるのではないでしょうか。

感情を表に出さない執事としてのスティーブンスが持つ、豊かな感情を想像させます。

またケントンの勤務姿勢について意見の応酬となったときも作り笑顔ではなかったでしょうか。

もしかしたら、この時からスティーブンスはケントンに惹かれ始めていたのかもしれませんね。

「顔色が悪いぞ」とカーディナルに心配されるシーン

カーディナルに顔色が悪いと心配されるシーンが2回も出てきます。

ウィリアムが亡くなった時、そしてケントンに結婚・退職を告げられた直後です。

新聞記者となるカーディナルは鋭い観察力があったのでしょう。

確かに無表情ではなく憔悴が見られる、目元が疲れているような表情に見えるのです。

このような「変化」が出てしまうほど、父親やケントンへの愛情が深かったことがわかるシーンではないでしょうか。

「後悔」が垣間見える表情とは

ルイス卿のもとでの勤務中や旅の途中、ケントンのことを思い出す描写が何度かありました。

その時の表情は、少し口が開き、どこか遠くを見ているような顔です。

彼はケントンを引き留めなかったことを20年もの間後悔しており、彼女を思い出すたびに心が揺れるのでしょう。

無表情というよりは少しうつろで切ない表情が、彼の「後悔」を表しているのです。

ラストシーンが暗示するスティーブンスの人生

日の名残り (字幕版)

ケントンの再雇用は、彼女の孫の誕生により夢と終わり、長年の通わぬ愛が幕を閉じました。

ラストシーン、屋敷に迷い込んだ鳩は何を象徴しているのでしょうか。

自らの手で鳩を逃してやった後のスティーブンスの視線や屋敷全体の寂しげな描写。

「執事」であるがゆえに実現できなかった「自由」「選択」、そして自分の前からいなくなった「ケントン」を暗示しているのだと考えられます。

まさにスティーブンスの置かれた状況とを対比する、重要なシーンだったのです。

そしてカメラが最後に映し出すダーリントン・ホールが、まさにスティーブンスの「居場所」である、ということ。

ここで執事として尽くしていく彼の人生そのものを象徴しているのです。

「執事」としての職務や紳士らしさを全うしようとするスティーブンスと、その役柄を少ないセリフや表情で見事に演じたアンソニー・ホプキンス。

彼らを通して人生や愛情について深い考察をもたらしてくれる『日の名残り』は、まさに名作といえるのではないでしょうか。