しかも意外なことに彼はアニメ声優初挑戦ということで注目されました。

彼らの演じたルースターは牧羊犬のウェルシュ・シープドックという犬種になります。

ルースターのイケメンぶりは大変話題になりましたね。

監督と娘がカメオ出演

ペット2 フィギュア 5体セット

 

本作の監督を務めたクリス・ルノーはノーマン役(日本語版では声優・梶裕貴)で声を担当しています。

クリス・ルノーは自身の代表作ミリオンシリーズでも声を担当しているのです。

そして監督の実の娘であるキエリー・ルノーは劇中でモリー役の声を担当しており、親子でのカメオ共演となりました。

予告編が数種類ある

『ペット2』には予告編が数種類用意されています。

上記はギジェット編ですが、この他にもマックス編やクロエ編、スノーボール編などが用意されていました。

本作品を観返す際も、彼ら一匹一匹にフォーカスを当てて観るとまた違った面白さに気が付くはずです。

ちなみに予告編が解禁されたのは4月11日のペットの日でした。

イルミネーションの面白さを満喫

 

ペット:3 ミニ・ムービー・コレクション

イルミネーションは時代に流されない作品作りで人気を集めています。

近年は映像のモラルなどに厳しい風潮があり、悪くいうと大人しすぎるアニメが主流です。

しかし本作品では高齢者が車を暴走させたり、小鳥を食べそうになったりモラルを無視した表現を使用しています。

ブラックさを程よく加えた笑いが魅力的で、大人のファンの心をつかんでいるのです。

変わることが成長を意味する『ペット2』

ペット (吹替版)

コミカルなアニメ映画『ペット2』は、それぞれの立場から違った成長を遂げる物語です。

彼らは変わることで、新たな自分を手に入れました。

時に自分の在り様を見直し、自分を変えてみるということも成長には必要なことなのかもしれません。