注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【エレファント・マン(ネタバレ)】実在のモデルの人生を解説!横になるとエレファント・マンは死ぬ?なぜあんな身体になった?

出典元: https://www.amazon.co.jp/dp/B006QJT14A/?tag=cinema-notes-22

エレファント・マンの姿を初めて見た時にホラー映画かと思った人もいるかもしれません。

しかしあの姿は実在のモデルを忠実に再現した結果です。

映画「エレファント・マン」のモデルとなった人物の人生とは一体どのようなものだったのでしょうか。

それにしてもエレファント・マンは謎の多い存在です。

彼はなぜあんな身体になったのか。そして横になると死んでしまうのか。

彼の死後100年以上経った今、科学の進歩によって明らかになった真実とともにその謎を解き明かしていきたいと思います。

エレファントマンの魅力

エレファント・マン [Blu-ray]

彼を知った人はその容姿に興味を持つ人がほとんどでしょう。

純粋な心

なぜそんな体になったのか、どうやって生活しているのだろう。そういう未知のものに遭遇した感覚を私達に与えるメリック。

しかしこの映画で最も注目すべき点は差別されたり恐れの眼差しを向けられても一貫して純粋な心を持ち続けたところです。

もしもメリックの心がすさんでいたら誰の心も動かせず、この映画さえも撮られることはなかったでしょう。

憎しみ

マジック:ザ・ギャザリング キャンバスボード 憎悪に歪む者、オブ・ニクシリス
どれだけ嘲笑されても馬鹿にされても彼は人を憎むことはしませんでした

誰の中にも憎しみという感情はあります。メリックにだけこの感情が欠落していたとは考えにくいです。

美しいものを求めていたメリック。

自分の容姿に美しさを望めない代わりにせめて心にだけでも美しさを持とうとしていたのかもしれません。

実在のモデルの人生

人体の不思議シリーズ 素顔のエレファント・マン [DVD]
エレファント・マンのモデルとして有名なジョン・メリック

その人生は2歳になる前に発症した病気によって数奇な運命を辿ることとなりました。

まるでフィクションのような話なのですが、彼の半生を忠実に再現した映画になっています。

知能は劣っていないものの、その外見から差別されるメリック。

周囲の人間が当初考えていたようにメリックが知能障害者だった方がまだ救われたかもしれません。

歩くことも話すことも食べることすら困難。仕事を得ようにも雇ってくれるのは見世物小屋くらいでした。

フレデリック医師に助けられた後はメリックに興味を持った上流階級の人々から面会を求めらるほどの人気ぶり。

当時のイギリス皇太子とその妃がメリックの部屋を訪問されるほどでした。

しかしそんな穏やかな日々は長く続かず、27歳の若さでこの世を去ります。

激動の人生を駆け抜けた彼は演劇・オペラなどの題材として取り上げられ、時代を超えて人々の心に残る人物となりました。

なぜあんな身体になった?

ぶら下げ絵画 - 性格ポスター - 私の体の誇りに思っているホットガイテーマ - サイズ:39x31cm(額縁を送る)
生まれた時のメリックの体には異常はありませんでした。しかし彼が2歳になろうとする頃、突如として異変が起こったのです。

異形になる病気「プロテウス症候群」とは

医学が発達していなかった19世紀ではメリックの病気は原因不明の難病とされていました。

しかし研究が進んだ現在ではプロテウス症候群なのではないかとの見方が有力です。

プロテウス症候群患者はメリックのように出生時には異常がほとんどみられません。

ですが幼児期になると筋肉や皮膚、骨などが過成長して外観の変形を引き起こします。