注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ハリー ポッターと死の秘宝 PART2(ネタバレ)】ハリーが蘇った理由を解説!ダンブルドアと再会した白い駅の正体は?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00LHQGXTI/cinema-notes-22

2011年に公開された『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』は、ハリー・ポッターシリーズの完結版です。

全てを締めくくる本作は、これまでの伏線をすべて回収した形で幕を下ろします。

劇中で死の淵から蘇ったハリーダンブルドアと再会した白い駅など謎多き本作をじっくりと紐解いていきましょう。

ヴォルデモートを殺したのはハリーではなかったのでしょうか。

お互いが分霊箱だったので蘇った

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

本作品で、多くの観客が謎を問いかけているのがハリーの蘇りです。

なぜハリーは死ななかったのでしょう。

蘇りの石で蘇った訳ではない

ハリーは死を覚悟しヴォルデモートの元へ行くとき「蘇りの石」を手にしています。

しかしその後「蘇りの石」を森の中に捨てています。

父ジェームスや母リリーの深い愛を感じ「蘇りの石」は必要ないと判断したのでしょう。

ハリーが蘇ったのは「蘇りの石」を持っていたからではありません。

そして、そもそもこの石は、心の中の会いたい人に会えるというだけで実際に死人を生き返らせるものではありません。

ハリーはヴォルデモートの分霊箱だった

ハリーが幼い頃、ヴォルデモートがかけた死の呪文を母リリーが跳ね返しています。

跳ね返った死の呪文はヴォルデモートの魂を2つに分け、そのひとつがハリーの中に入ってしまいました。

このことがきっかけでハリーはヴォルデモートの分霊箱となっていたのです。

ハリーが分霊箱だったのはシリーズを通しての大きな伏線となっていました。

ヴォルデモートがアバダ・ケダブラ(死の呪文)で殺したのは、自分の魂のかけらだけだったのです。

しかし、これだけではなんとなく蘇りが納得できません。

ヴォルデモートはハリーの分霊箱だった

スターエース トイズ マイ フェイバリット レジェンド シリーズ ロード・ヴォルデモート 1/6スケール 塗装済みコレクタブルアクションフィギュア

ハリーが死なずに蘇った最大の理由は、ヴォルデモートがハリーの分霊箱だった為です。

ヴォルデモートは以前(炎のゴブレット)、自身の復活にハリーの血を使用しています。

このことが原因で、ヴォルデモートはハリーの分霊箱となっていました。

壮大なスケールの伏線が引かれていたわけです。

ハリーの魂はヴォルデモートの中にも存在しているので、ハリーは死ななかったのです。

分霊箱に納められた魂の断片は、魂をこの世に繋ぎとめる役割

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ハリー・ポッターシリーズの用語

ヴォルデモート自身がハリーの魂をこの世に結び付けていたわけです。

ヴォルデモートが死んでもハリーは死なない

ヴォルデモートがハリーの魂の分霊箱なら、ハリーはなぜヴォルデモートとともに死ななかったのか……。

分割された魂が全て滅ぼされた状態で、本体が肉体的な死を迎えると、魔法を講じた者は死滅する。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ハリー・ポッターシリーズの用語

上記は分霊箱の条件のようなものです。

ハリーは自ら分霊箱を作ったわけではありません。

まして肉体は死んだ状態ではないので、ハリーが死ぬことはなかったのです。

皆がヴォルデモートの分霊箱をすべて壊そうと躍起だったのも、上記のことが理由となっています。

「愛の護り」があったので蘇った

ポスターハリーポッター

ハリーが蘇ったのは、ヴォルデモートとお互いが分霊箱だった為だけではありません。

母リリーのかけた最強の魔法

ヴォルデモートに襲われた時、母リリーは「愛の護り」という魔法をハリーにかけています。

劇中では詳しく描かれていないのですが、実はこの魔法には隠された力がありました。

愛の守りをかけられたものは血が絶えない限り死ぬことがないのです。

ヴォルデモートは自身の蘇りの際にハリーの血を飲んでいるので、彼が死ななければハリーは生き続けることになります。

例えお互いが分霊箱となっていなくても「愛の護り」があるのでハリーが死ぬことはなかったのです。

母は強い

ハリーは死んでいる

引用:ハリー ポッターと死の秘宝 PART2/配給会社:ワーナー・ブラザース

ハリーにドラコの無事を聞いたナルシッサ・マルフォイが言ったセリフです。

息子を愛している母親はドラコさえ無事なら、ヴォルデモートは二の次なのでしょう。

この時点でハリーが息子ドラコを救ったことを感づいたのかも知れません。

劇中ではその後ドラコの家族は逃げ出しています。

ハリーが死ななかったことで、ヴォルデモートが消滅することを悟ったのでしょう。

リリー・ポッターにしてもナルシッサ・マルフォイにしても息子の為、ヴォルデモートに歯向かう程母は強いのですね。

ダンブルドアと再会した駅の正体

直筆サイン入り写真 ハリーポッター グッズ アルバスダンブルドア役 マイケルガンボン/映画 ブロマイド オートグラフ 【証明書(COA)・保証書付き】

劇中でハリーが訪れた白い駅は一体どこなのでしょう。

狭間の世界

あの白い場所がどこなのかは明確に描かれていませんでした。

作者J・ K・ローリング自身、解釈の仕方は観る者次第だといっています。

考察していくと、おそらく死者の世界とこの世の狭間ではないでしょうか。

生きるか死ぬか選ぶことができる

引用:ハリー ポッターと死の秘宝 PART2/配給会社:ワーナー・ブラザース

まだ死んでいないハリーは、自らの意思で生きることも選択出来るのです。

キングズクロス駅

ハリーがいうように白い駅はキングクロス駅のように見えます。

どこか懐かしい気もする9と4分の3番線……ハリーが魔法界へ踏み出した場所なのです。

いわば全ての始まりの場所といっていいでしょう。

ハリーの中の忌まわしきヴォルデモートの魂が消え、そこから新しい人生が始まることを示唆する場所ではないでしょうか。

気持悪い生物はヴォルデモート

ハリー・ポッターと死の秘宝Part 2 ( s1 ) Deluxe Film Cell

椅子の下にいた物体をダンブルドアは下記のように説明していました。

滅ぶべき、ヴォルデモートのカケラじゃよ

引用:ハリー ポッターと死の秘宝 PART2/配給会社:ワーナー・ブラザース

分霊箱に魂を分けたことで、ヴォルデモートの魂は軟弱化していたことでしょう。

更に分霊箱が次々と破壊されていく中、ヴォルデモートはすでに死と生の狭間にいるのかもしれません。

ダンブルドアは、ハリーに助言を与える為とヴォルデモートの最後を見届ける為に白い世界にいたとも考察出来ます。

分霊箱破壊に苦しむヴォルデモートはオリジナル

小ポスター、米国版「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」エマ・ワトソン

劇中でヴォルデモートは、分霊箱が壊されるたびに苦しみ、怒りをあらわにしていました。

しかし原作ではその様子は描かれていません。

またハリーに関しても原作とは少し違っており、分霊箱のありかを感じ取るのは映画のオリジナルです。

これには制作側の理由があります。

原作では分霊箱を匂わせていたハッフルパフのカップですが、映画ではその部分が描かれていません。

このため、ハリーの能力に分霊箱を感じ取るというものを追加したようです。

この他にも原作にはハリーとヴォルデモートがぺべレル三兄弟の子孫で遠い親戚であることなどが組み込まれています。

もっと深くハリー・ポッターを知りたい方は原作を読んでみてはいかがでしょう。

ヴォルデモートを倒したのはネビル

ハリーポッター 1/1スケール魔法の杖レプリカ ネビル・ロングボトム

本作を観るとひとつ疑問が浮かびます。

最後の分霊箱を壊したのはネビルなので、最終的にヴォルデモートを倒したのはネビルになるのでしょうか。

ネビルがとどめをさした

ハリーは武器解除の呪文をかけていますが、最後の分霊箱となったナギニを殺したのはネビルです。

また劇中でハリーは自身が殺されに行く際にネビルに最後の分霊箱を託していました。

原作ではハリーがヴォルデモートを殺すのですが、映画ではその結末をネビルに変えていたのです。

ネビルもまた選ばれし勇者だった

闇の帝王(ヴォルデモート)を倒す力を持つものが7月の末、闇の帝王に三度抗った両親のもとに生まれる。

引用:ハリー・ポッターとアズカバンの囚人/配給会社:ワーナー・ブラザース

上記の予言が元になりハリーはヴォルデモートに狙われます。

しかしネビルも同じ条件の子供だったのです。

おそらくハリーは、ネビルもまた闇の帝王を倒す者だと感じていたのかもしれません。

だからこそ、自分が死んだ後のことをネビルに託したのでしょう。

劇中グリフィンドールの剣を手に立ち上がるネビルは、運命の子供を彷彿とさせるものでした。

余談ですが、本作最後でルーナと結ばれていたネビルですが原作ではルーナと結ばれていませんでした。

最終章は涙なしでは観れない作品

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 サウンドトラック

シリーズ全ての伏線を回収し、スネイプの真実が語られる本作品はハリー・ポッターシリーズで最高に泣ける作品です。

本作品を観るとまた最初からハリー・ポッターシリーズを観返したくなるのではないでしょうか。

何度も観返すことで細部までのこだわりが見えてくる大作なのはいうまでもありません。

シリーズを全作観通すという贅沢もたまにはいいかもしれません。