注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【雨に唄えば】ミュージカル映画の金字塔となった理由を徹底解説!古き良きアメリカを感じさせる演出とは?製作秘話も紹介

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00F4MWMXM/cinema-notes-22

1950年代を中心に時代を席巻したハリウッド・ミュージカル映画。

その中でもMGMのアーサー・フリード製作による作品群は名作揃いで知られています。

「雨に唄えば Singin’ in the  Rain」は1952年に作られたミュージカル映画でジーン・ケリーの最高傑作とも称されます。

よく練られた脚本、素晴らしいタップとダンスそして色彩、耳に心地よい名曲の数々、楽しいユーモアとギャグ。

どれをとっても超一流で、これこそThat’s Entertainment!といえるでしょう。

ここでは本作がアメリカ・ミュージカル映画の金字塔となった名作たる所以を紐解いていきましょう。

さらに今から70年ほども前の映画ならではの制作舞台裏にも迫ってみたいと思います。

なぜ「金字塔」か?理由①オリジナリティと見事な脚本

オリジナル性の高さ

雨に唄えば [DVD]

1940年代後半から1960年代のハリウッド・ミュージカル映画の多くは、ブロードウェイでヒットした舞台を映画化していました。

しかし、この「雨に唄えば」は映画が先で、その後ブロードウェイで舞台ミュージカルになったのです。

したがって、本作が封切られた時には誰も見たことのないオリジナル性の高いミュージカルが出現したわけで観客にとって大変新鮮でした。

プロデューサーのアーサー・フリードにとって同じジーン・ケリーを起用した「巴里のアメリカ人」の成功が背後にあったと考えられます。

「雨に唄えば」と並び称されるアメリカ・ミュージカルの大傑作である「巴里のアメリカ人」

ガーシュインの音楽に乗って繰り広げられたジーン・ケリーのタップ&ダンスと構成はオスカー6部門を獲得しました。

この「巴里のアメリカ人」も、映画がオリジナルでした。

この成功を受けてアーサー・フリードが、オリジナル作品の魅力を再認識したと見ることが出来ます。

そして彼は脚本家に「雨に唄えば」という曲を元にしたミュージカル映画の脚本を書くように依頼したのです。

本作のタイトルチューンでもあるこの歌は、アーサー自身の作詞で、過去に何回か映画で使われた曲でした。

アーサーの無茶振りを跳ね返した完成度の高い脚本

Singin' in the Rain

脚本家アドルフ・グリーンとベティ・カムデンの二人は、アーサーからの無茶振りに困惑したといいます。

しかもタイトル曲だけではなくアーサーが過去に作った20曲以上の歌すべてが出てくる映画を作れ、という指示でした。

悩んだ二人は、アーサーが曲を作った時期が、サイレントからトーキーに映画が変化する画期的な頃であったことに目をつけたのです。

そこで脚本家は俳優たちにも大きな変化を生んだトーキー誕生のバックステージ物に仕立てようと考えたのでした。

二人の脚本家が練り上げたシナリオの出来は完成度が高い素晴らしいものになりました。

ダンスと歌がふんだんに取り入れられたのは勿論、トーキー誕生期のドタバタをコミカルにしかも愛情を持って描いたのです。

グリーンとカムデン、二人の脚本家の目の付け所が見事だった、といえるでしょう。

トーキー製作過程の混乱に、コメディと恋愛という王道の要素を加味したシナリオ構成で、映画成功の半分は掴んだといえます。

なぜ「金字塔」か?理由②ケリーとオコナーの魅力

ジーン・ケリーのタップ&ダンスの素晴らしさ

Singin in the Rain Gene Kelly

完成度の高い脚本に輝きを与えたのは魅力的なキャストたちでした。

先述のように前年の「巴里のアメリカ人」(ヴィンセント・ミネリ監督)で、独創性に溢れたダンスを披露したジーン・ケリー。

この「雨に唄えば」でも名手ケリーが更に完成度の高い磨きのかかった激しい動きのダンスを披露し観客を魅了します。

そのハイライトは劇中劇「踊る騎士」の中でシド・チャリシーを相手に踊りまくる「 ブロードウェイ・メロディー  Broadway Melody」でしょう。

テクニカラーの色彩の鮮やかさを計算にいれた舞台美術と衣装も見どころ。

そして映画史に残る名シーンとなった、雨の中で歌う「雨に唄えば Singin’ in the Rain」。

激しく長いダンスがあるわけでは無いですが、心に残る素晴らしいシーンとなりました。

ボードビリアン出身・ドナルド・オコナーの見事な「芸達者」ぶり

ブロマイド写真★『雨に唄えば』/レインコートで唄う3人/ジーン・ケリー、デビー・レイノルズ、ドナルド・オコナー

本作のコミカルダンス担当といってもいいドナルド・オコナーの存在を忘れることは出来ません。

彼はボードビル出身で、その愉快な動きや顔の表情は本作の中でも遺憾なく発揮されています。

ハイライトは本作の中でも数少ないオリジナル曲である「メイク・エム・ラフ Make  ‘Em Rough」。

家具や人形を相手に一人で踊るオコナーのダンスは、ケリーとは一味違うテイストを持ち、映画にメリハリを付けています。

まさにオコナーの「芸達者」ぶりが堪能できるシーンといえます。

体育会系ダンスのケリー、相対するコケティッシュなボードビル風ダンスのオコナー、映画の中に二人の魅力が溢れています。

なぜ「金字塔」か?③レイノルズとヘイゲンの魅力

頑張った新人デビー・レイノルズ

ブロマイド写真★『雨に唄えば』ジーン・ケリー&デビー・レイノルズ/レインコート・白黒

男性陣に対して魅力を放つのが若干19歳のデビー・レイノルズと、悪声のハリウッド女優を演じたジーン・ヘイゲンです。

レイノルズは歌もダンスも経験が無く、映画でみられるようになるまでは相当苦労して練習しました。

ジーン・ケリーの指導はかなり厳しかったといわれます。靴ずれ・指ずれが酷く足から血を流しても練習を続けたとか。

(ジーン・ケリーは監督も兼ねていたので厳しさは当然といえるでしょう)

しかし彼女はこれを克服し、ジーン・ケリーとドナルド・オコナーという名手を相手に一歩も引けを取らない歌とダンスを披露しています。

数少ない3人でのダンスシーン「グッド・モーニング Good Morning」は彼女の歌とダンスのハイライト。

彼女の苦労が生きた映画の中でも名シーンの一つとなりました。

ダンスの名手ジーン・ケリーに見いだされ、大役を任されたレイノルズ。

しかしレイノルズは負けず嫌いだったのでしょう。文字通り血のにじむ努力を重ね、見事大役をものにしました。

そして彼女はこの映画をハリウッドでのジャンピングボードにしたわけです。

欠かせないジーン・ヘイゲンの役どころ

SINGIN` IN THE RAIN (IMPORT/LP) [Analog]

一方、レイノルズ扮するキャシーに声を吹き替えられてしまう悪声のハリウッド女優リナを好演しているジーン・ヘイゲンも印象に残ります。

ドンの恋敵でもあり、か弱いコーラス・ガール出身のキャシーに対し貫禄も名声もある悪声のハリウッド女優を好演。

彼女の存在がなければ、この映画がどんなに面白くない作品になっていたか、と思わせる貴重な役どころです。

この映画のコメディ要素はヘイゲンに依っている部分が大きいといえるでしょう。

また会社を脅すような憎まれ役でもあり、レイノルズの引き立て役でもありました。

しかし、どこか心底憎めない「頭のネジの外れ方」が見事な演技となっていることは衆目の一致するところでしょう。

ヘイゲンもこの映画のヒットで人気スターの仲間入りを果たしたのです。

新人女優とベテラン女優、それに名手男性二人のキャラクターと四人の駆け引きは本作の楽しさのキモになっているといえます。

古き良きアメリカを演出

狂騒の20年代

1927: A Day-by-Day Chronicle of the Jazz Age's Greatest Year

作品の舞台になるのは1927年。まさにサイレントがトーキーに転換していく時期です。

ドンやリナが所属する映画会社の社長も時代が変わるということは理解していました。

そこで、彼らが出演している映画をトーキーにすることにします。

彼が影響を受けたのがワーナー映画が1927年に作った世界初の長編トーキー映画「ジャズ・シンガー」でした。

この映画はアル・ジョルスンを起用して実際に作られ大ヒットしました。本作では唯一、事実が挿入されている箇所です。

第一次世界大戦が終わり、20年代は29年のウォール街大暴落までジャズミュージック・フラッパー・アールデコとっいった文化の華が開きます。

「華麗なるギャツビー」の世界です。狂騒の20年代と呼ばれました。そうした時期に映画も大きな転換点を迎えたわけです。

脚本家はアメリカという国と文化が大きく変わろうとしていた、動こうとしていた20年代に目を付けました。

そして時代そのものの魅力を映画に落とし込もうとしたと考えられます。

古き良きアメリカ

The Great Roaring 20's

本作ではこうした「古き良きアメリカ」を意識させる時代に舞台を設定しました。

印象的な様々な衣装を身に着けた女性が登場するシーン(女性が外に出始めた時期)。

時代の象徴としてのクルマも多く出てきます。

群舞のシーンなどではフラッパーの女性の姿が見られます。

一番目を引くのはキャシーとドンの出会いのシーンでしょう。

ファンに取り囲まれたドンが道を横切って逃げて市電の屋根に乗り、そこからオープンカーに落ちるというところ。

クルマを運転していたのは「女性である」キャシーだったのです。

何気ないシチュエーションかとも思いますが、考えてみれば「古き良き20年代の時代の雰囲気」がしっかりと演出されています。

さらにジーン・ケリーが劇中劇「踊る騎士」で現代のシーンとして踊る「ブロードウェイ・メロディー」。

世界初の全編トーキーによるミュージカル作品であり、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)ミュージカルの第1作である

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/ブロードウェイ・メロディ

「雨に唄えば」で繰り広げられる同作では

MGMミュージカルの第一作であるこの作品の製作過程が本作に反映されている。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/雨に唄えば

それがケリーが踊る「ブロードウェイ・メロディー」というわけです。

ケリー最大の見せ場でもあるこのシーンも「古き良き」20年代へのオマージュとして見て取れるのです。

サイレントからトーキー移行時の悲喜劇

JAZZ SINGER

本作では、映画制作の裏側をギャグにしています。バックステージもののコメディとしても魅力たっぷり。

いわば「トーキー移行期ハリウッドあるある」(マイクの位置問題や画像と音のズレとか)が爆笑を誘う仕掛けです。

そこにキャシーとリナの声の問題を上手く絡めてあります。ここがこの映画の物語としての最大の見所。

そしてラストのリナの後ろで上がるカーテンでのカタルシス。

当時実際に起きた(だろう)ことを笑い飛ばしてはいますが、そこには本作が作られた1952年の映画人の映画愛が感じ取れるのです。

制作こぼれ話

ブロマイド写真★『雨に唄えば』ジーン・ケリー&デビー・レイノルズ/ダンスシーン

本作はすべてが人力に頼っていたころに製作されました。

CGやVFXのない時代の映画ならではの苦労やこぼれ話も多く生まれた作品でもあります。

劇中劇「踊る騎士」の中でMGMの看板女優・ダンサーであったシド・チャリシーとダンスを繰り広げたジーン・ケリー。

彼はチャリシーより身長が低かったのです。

そのため、チャリシーは終始膝を折るポーズを続け、階段を使ったり、遠近感を利用したりして、身長差を隠す演出が取られています。

一方、悪声女優リナの吹き替えを担当したキャシーを演じたデビー・レイノルズ。

実はレイノルズ自身、他の歌手に吹き替えられていた歌唱がこの映画にはあったのでした。

Elizabeth Noyes Hand  was a singer and actress best known for dubbing two of Debbie Reynolds’ numbers in the 1952 film Singin’ in the Rain.

引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Betty_Noyes

「エリザベス・ノイス・ハンド

1952年の映画「雨に唄えば」において2曲のデビー・レイノルズの歌を吹き替えしたことでよく知られている歌手で女優です」

2曲とは「ウッド・ユー Would You?」と「君は僕の幸運の星 You are My Lucky Star」を指しています。

映画の中で大女優に対してしたことを実際は自分もやられていたのでした。

オリジナル・サウンドトラックではレイノルズ本人のバージョンも聞くことが出来ます。

バラードを歌うには19歳の娘にはいささか深みが足りなかったのでしょうか。

レイノルズが悪声であった訳ではありません。

因みに、ラストの「雨に唄えば(Aフラット版)について。

リナの歌声を吹き替えているキャシーの声をノイスが吹き替えている、というややこしい説もあったりします。

この他にも本作には十指にあまるほどの制作秘話が語られていて、名作誕生は簡単ではなかったことを偲ばせています。

色褪せないミュージカル映画の金字塔

【初回生産限定】雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 [Blu-ray]

計算されたシナリオ、緻密で訓練されたタップ&ダンス、魅力たっぷりのキャスティング、記憶に留まる数々の音楽。

オリジナリティに溢れた物語と興味津々のトーキー黎明期の爆笑「あるある」。的確に描写された古き良き20年代のアメリカ。

観た人を幸せにせずにはおかないハリウッド・ミュージカルの大傑作は、今も世代を超えて愛されています。

ミュージカル映画の歴史に燦然と光り輝く名作・色褪せない金字塔といえるのです。