注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【燃えよドラゴン】「考えるな!感じろ!」の真の意味を解説!展開や設定に違和感がない理由は?印象的な映像の製作秘話も紹介!

考えるな! 感じろ!

引用:燃えよドラゴン/配給会社:ゴールデン・ハーベスト ,ワーナー・ブラザース

稽古をつけていたリーが、弟子の鋭い蹴りに何を感じたか質問をするシーンで名言は使用されます。

ここでの考えるなとはどういうことなのでしょう。

それまで弱い蹴りしか出来なかった弟子が、強い蹴りを一発繰り出せたこと……。

それはリーに煽られた心が生み出した蹴りだったのです。

一瞬で膨れた激しい心の感情を冷静に考えても意味がないのです。

更にどうやって自分はその気持ちになったのか、どうやって蹴りを繰り出したのか考えながら戦っては動作が鈍くなってしまいます。

蹴りを繰り出したときの心情を感じろ

強い蹴りが出来た時、自分の心はどうであったか感じろといっています。

大切なのは蹴りに対する気持ちだ、もう一度

俺は蹴りに対する気持ちといったんだ、怒りじゃない

引用:燃えよドラゴン/配給会社:ゴールデン・ハーベスト ,ワーナー・ブラザース

上記は「感じろ」という前の弟子とのやり取りです。

強い蹴りは怒りによって打ち込むものではない、爆発的な一瞬の気持ちの昂りによって生み出されるのでしょう。

その気持ちは考えて生み出せるものではありません。

だからこそ、蹴りが成功した時の心の在り様を感じろといったのです。

月を指す指が示す「考えるな」の教え

Enter the Dragon

有名なセリフには続きがあります。

リーは指月の喩えを引用した

月を指す指のようなものだ

指に注意を向けるな、美しい天(月)が見えなくなるぞ

引用:燃えよドラゴン/配給会社:ゴールデン・ハーベスト ,ワーナー・ブラザース

上記のリーのセリフは禅の教え「指月の喩え」の一部です。

理解出来そうでわからないのは、この教えには続きがありその教えこそリーが伝えたかったことだからです。

劇中ではその一部だけを引用していたので「指月の喩え」を知らないものにとっては難解なセリフとなるのです。

言葉では本質的なものを伝えられない

本質的なものは、言葉では伝わらない

言葉と「 指し示されるもの」とは違うものである

知る者は言わず、言うものは知らず

引用:荘子「天道第十三」

上記はリーが引用した「指月の喩え」の続きに書かれている内容です。

考えて言葉にしても、それは本質的なものではないという解釈が出来ます。

だからこそ考えて言葉にするのではなく、蹴りの本質を感じろといったのでしょう。

印象的な映像の製作秘話

 燃えよドラゴン ブルーレイ版 スチールブック仕様 [Blu-ray]

『燃えよドラゴン』は様々な制作秘話が残っています。

映画として出来上がるまで、ブルース・リーは多くの困難を乗り越えていたのです。

英語の壁が生んだ撮影技術

リーは香港映画で実績のある西本正に撮影を依頼していたそうです。