注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【アーロと少年】感動に狂気を混ぜ込んだ理由を考察!大人向けの作品といわれるのはなぜ?監督と母親の関係を投影した場面も紹介

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01HIPZLXA/cinema-notes-22

2015年公開の『アーロと少年』は、ピクサーが描くファンタジー世界が魅力的な映画です。

もしも恐竜が絶滅していなかったら、というパラレルワールドが様々な意見を生み出しました。

感動の中に見え隠れする狂気は意図的なものなのでしょうか。

本作が大人向けといわれる理由や、監督と母親との関係を投影しているシーンなどを徹底考察していきます。

感動の中の狂気の謎

映画ポスター アーロと少年 (ディズニー グッズ) /両面 【数量限定・初版】

『アーロと少年』では、まるで野生動物のような人間スポットと高度な文化を持つ恐竜たちが描かれています。

そして劇中では、家族の大切さを感動的に描きながらも狂気ともとれるシーンが数々織り込まれていました。

リアルな自然描写が厳しさを伝える

本作ではまるで実写ではないか、と思わせるほどの見事な背景が絶賛されています。

しかし激流のシーンはなどは、観る者に恐怖を感じさせるのです。

まるで実際の災害シーンを観ているかのような恐ろしい場面となっています。

父親が流された激流はアーロにとって恐怖心を煽る存在であり、トラウマのひとつといえるでしょう。

自然を美しく描くばかりではなく、その裏に隠された脅威を伝えることでリアルな自然界を観る者に印象付けているのです。

弱肉強食の残酷さを描いている

人生はそんなに甘くないんだ、とでもいいたげなプテラノドンのシーンは観客を絶句させるほどの惨たらしさを感じます。

本作には正気ではないという意見も出るほどの、数々の弱肉糧食のシーンが登場しているのです。

『アーロと少年』は自然界の現実をよりリアルに描くことで、観るものに自然界の厳しさや怖さをまざまざと見せつけているのです。

恐怖を共感する為

アーロと少年 角川アニメ絵本

狂気ともとれる劇中のシーンですが、製作スタッフが正気を失っているわけではありません。

狂気のシーンの裏には計算されたトリックが隠されています。

それは劇中のアーロと恐怖を共感することで、それを克服していく過程をより一層楽しめるという構造です。

そして狂暴なキャラクターたちの見た目は、狂った犯罪者のような顔つきに描かれていました。

食事の為とはいえ他を陥れてお腹を満たす存在の生き物は、狂気を感じさせる顔つきになるということでしょう。

犯罪者を風刺しているかのようなキャラクターたちは、現実社会にはびこる悪を思わせます。

ピクサー独特の構成

感動シーンと狂気のシーンが入り混じる作風は、ピクサーならではの構成ともいえます。

ピクサーは、複数の人々が泣けるシーンや笑いのシーンなどと役割を分担しているのです。

感動のシーンをつくった人と、狂気のシーンをつくった人は別人かもしれません。

ひとつの作品が完成するまで何度も何度も話し合いをします。

様々な意見と多くの感受性をもって、ひとつの作品へと固まっていくのです。