注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ディパーテッド(ネタバレ)】タイトルの真意を考察!コステロがビリーに証拠を託した理由は?コリンが死を望んだのはなぜか

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B003EVW582/cinema-notes-22

“The departed”は、2006年度アカデミー賞最多4部門受賞作品です。

レオナルド・ディカプリオマット・デイモンの名優の演技に加えて、ジャック・ニコルソンのハマり役が光るサスペンスドラマ。

最後までハラハラと目が離せないアクションが見どころですが、単なる勧善懲悪のドラマには終わりません。

映画につけられた表題の意味は何を差すのかを考えながら、映画に込められたメッセージを読み解いていきましょう。

ディパーテッドの訳

 ディパーテッド(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [DVD]

表題の出典”The departed” を単純に訳すと「去っていったもの」「旅立っていったもの」となります。

意訳すると「この世から去っていったもの」「旅立っていった魂」などが考えられます。

ギャング映画ですから、もっと砕けた言い回しで「逝っちまった奴」の方がよりふさわしいでしょう。

では、この「逝っちまった奴」いうタイトルには何の意味が込められているのでしょうか。

それとも何かの伏線でしょうか?

ギャングストーリーの舞台背景

 ディパーテッド [DVD]

舞台はアメリカのボストン南部のダウンタウンです。

イタリア人・黒人・アイルランド人が入り乱れて生存をかけて互いに凌ぎを削っている世界が、実際の乱闘の映像とともに描かれています。

マフィアが跋扈し差別や暴力が蔓延する中、生き馬の目を抜くような生存競争が繰り広げられるのです。

生きるか死ぬか・やるかやられるかのマフィアと警察の闘争に、神経がすり減る主人公ビリー。

誰がスパイで、誰が信用できるのか、裏切りにつぐ裏切りと酷い暴力に疲弊していきます。

陰陽の両曲面

悪における善-心理学のパラドックス-アドルフ・グッゲンビュール-クレイグ
冒頭にマフィアのボス・コステロの声で、次のように語られています。

環境が人を作る。

引用:ディパーテッド/配給会社:ワーナー・ブラザース

ボストンのこの地では、生きるか死ぬか、暴力を振るうか振るわれるか、支配するか支配されるか、二択で生かされている悲しさがあります。

しかし本当に2つの対立軸で人は生きているのでしょうか。

善と悪は表裏一体

警官になるやつは銃が好きなのさ。

引用:ディパーテッド/配給会社:ワーナー・ブラザース

このようにビリーが言います。

確かに警察は正義を守る権力の中枢です。

けれど支配や争いの世界の住人ということでは、マフィアも警察も変わらない人生を選んだ人たちといえます。

神父

神父や尼僧の神に仕える人たちとコステロがレストランで遭遇します。

悪党と善の人たちという対比の中で、小児性愛や同性愛の性癖が指摘され、過去の性的な関係も露呈しました。

善の裏には必ず悪がある、悪がなければ善を追求できない。つまり善と悪は同じ世界で生きているとはいえないでしょうか。

精神科医

同様にコリンの恋人の女医でさえも精神不安定な部分を持ち合わせているからこそ、人を助けたいと考えている人なのでしょう。

彼女が繊細な人なのはコリンに振り回される様子から見て取れます。

やはり救う側と救われる側は表裏一体で同じ場所にいる存在なのです。

マフィアに潜入するビリーと警察に潜入させられているコリンはどちらも人を欺いているという意味では同じ窮状に立たされています。

裏切りの世界で生きなくてはならない同じ宿命を生きる者のように捉えられるのです。

本当に大切なものは

ディパーテッド-Blu-ray

対立する二者が善と悪の形を取っていても結局は同じ穴のムジナなのだと気づかされます。

すると、自分のアイデンティティとして残るものは何なのかと考えさせられるのです。

ビリーとコリンの違いを見ていくと、わかるところが出てくるのではないでしょうか。

ビリーとコリンの違い

警察学校の同期でどちらも頭がよく、同じ女性に興味を惹かれる青年です。

ただ圧倒的に違っているのは、ビリーが信用に足る人物として描かれていて、コリンはずる賢く騙す人間だということ。

同じような環境に生まれながら違う二人を見ていると、自分がどうしたいのかがわかっている人とそうでない人の違いが浮き彫りになってきます。

自分は何者で仲間を信じているか女を愛せるのか、二人の対比は鮮やかに描かれているのです。

警官になりたいか警官にみられたいのか

警察学校を終えて配属が決まるときにビリーは圧迫面接を受け、何者かとアイデンティティを厳しく問われます。

その中で次のようなフレーズがあります。

警官になりたいのか、警官にみられたいのか?

引用:ディパーテッド/配給会社:ワーナー・ブラザース

警察官をアイデンティティーとして生きていきたいのか、それとも警官になって出世して権力がほしいのかを問われているのです。

一方でコリンの面接はすんなり終わり、眺望のよいマンションを契約し自分の得たステータスに浸ります。

コリンは後者なのです。

ただ悲しいことに彼は幼い頃からコステロに教育費を出してもらって育ってきた負い目もあります。

子供の頃に買収されるという育ち方をしたからしょうがないのか。

それとも本人の生まれ持った素養とするのかは意見がわかれるところだといえます。

生き延びる方法

 日本豊岡製 ハード アタッシュケース A3書類対応 と [牛革製ケーブルホルダー]のセット 匠(タクミ)鞄工房 ni226

終盤の麻薬の取引の現場で大銃撃戦になり、あっけなくほとんどの主要登場人物が死んでいきます。

裏切りが成功し邪魔な人間の口を封じて見事に生き残ったコリンですが、最後にディグナム巡査部長に暗殺されてしまうのです。

うまく立ち回ったもののコリンは全てを失います。

親代わりだったコステロも自らの手で射殺し、自分の子供をお腹に宿している彼女にも愛想をつかされ、全てがなくなりました。

裏切りと殺しの果てに

男性は誰かを幸せにするために頑張れるとはいいますが、コリンは何のために頑張っていたのでしょうか?

最後まで彼はコステロのことも彼女のことも誰のことも信用していなかったし、真に愛してはいなかったのではないでしょうか。

そうして自分のことを必要として愛してくれる人も全ていなくなったとき、何を思ったのでしょう。

出世欲を除いて後に残るものは空虚感でしかなく、もうこれ以上生きたいとは思えなくなったのではないでしょうか。

そして、ただ神に懺悔する気持ちが残ったのかもしれません。

妊娠した子供は誰の子か

コリンの子供のように描かれていましたが、ビリーの子供の可能性も残ります。

女医の彼女の、男の子は女親に似るものだという示唆的な発言から、父親はもしかしたらビリーかもしれないと思わされます。

と同時に『どちらの子供でも変わらない、わたしの子供だ』という彼女の母親としての意思も感じられます。

男はあっけなく死んでいき、女は命を繋いでいくという対比も描かれているように思われます。

冒頭のビリーの母の葬儀のところで、コステロからのメッセージと花が手向けられていました。

そこから、コステロとビリーの母は若い頃に男女関係にあったのではと推察できるでしょう。

尼僧さんとの過去の出来事から、あってもおかしくない出来事として想起されます。

ビリーはコステロの子供のなのかもしれません。

これは、誰の子供かさえも本当はわからない、世界には確実なものなんて存在していないのだというメッセージのようにも受け取れます。

最後に死ぬときに残るもの

 NCREEK オリジナル フォトフレーム アクリル キーホルダー 写真 切り抜き クリア 30個セット (ハート)

コステロがビリーの父親のことを話すときに、次のように評します。

金で買われる人間ではなかった。人に屈しない人間だった。

引用:ディパーテッド/配給会社:ワーナー・ブラザース

世の中には2種類の人間がいて、力のあるものに従順でうまく立ち回る人間と屈しない人間がいることが繰り返し対比されます。

自分のやりとげようとすることに必要なら人を騙しても自己欺瞞はしない人間。

一方で、地位や金のためならどちらにでも転ぶ男。

後者は扱いやすいだけの存在で信用していなかったから、コステロはコリンとの通話を証拠に残して去っていったのではないでしょうか。

コリンが死を望んだのはなぜか

 東京マルイ No.17 M92Fミリタリー 10歳以上エアーHOPハンドガン

騙し合いの中、猜疑心が渦巻く中で信じられるものは自分だけなのに、自分が誰だかさえもわからなくなってしまいます。

けれど最後までビリーは人の信頼や他人を信じる人物として描かれていますね。

警察学校同期の黒人の同僚もビリーが自分を撃たないと強く信じていました。

最終的にはマフィア側の「ねずみ」によって、この同僚はあっけなく殺されてしまいます。

コステロもビリーも射殺され、残ったコリンのみが死人に口無しなのをいいことに栄誉をほしいままにします。

この出し抜き合戦を勝ち抜いてコリンに残ったのは、虚しさと自己嫌悪だったのではないでしょうか。

だから、巡査部長が暗殺にきたときにあっさり死を受け入れたのです。

部屋に入る前に同じフラットの御婦人が連れていた犬にも触らせてもらえないシーンは、まるで彼の疎外感を象徴しているようですね。

コステロがビリーに証拠を託した理由

 ディパーテッド [DVD]

コステロはコリンが裏切るのをどこかでわかっていたのと同様に、ビリーも警察の「ねずみ」だということをわかっていたのではないでしょうか。

ビリーを怪しみながらも簡単なチェックだけで手下を納得させています。

まるで血を分けた息子だと認識していたかのようです。

いずれにしろコステロはビリーを気に入っていたのだと思います。

そして「逝っちまった奴」のメッセージは、何も確実なものはない世界で信用できるのは人の在り方そのものだということです。

「お前は何のために生きるのか」

「お前は何者なのだ」

このように問われているように思えて仕方ありません。