注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ノルウェイの森】ラストでワタナベがどこにいたのか考察!池や雨のシーンは何の意味?レイコが7年前に失ったものの正体とは

曲の歌詞を意識すると、緑が連れてくる「生」の力によって、ワタナベは生きられている、と解釈できます。

レイコが7年前に失ったもの

朝、森、木、霧 - アート印刷 キャンバスポスター 家の壁の装飾ポスター(33X50cm)

レイコが7年前に失ったもの。それはやはりあの京都の療養所の存在なくしては考察できません。

あの場所は何を表しているのでしょうか。

外の世界から閉ざされた自然あふれる空間とそこでの過ごし方は、ある種のあの世のようにも捉えられます。

また、レイコの夢の話とされる直子のセリフから、7年間性行為をしていないことも分かります。

ワタナベと性行為をして取り戻したのは「性」=「生」であり、7年前に精神的な「生」を失っていたのではないかと推測できます。

ラストでワタナベがどこにいたのか

「場所」ではないのか

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

緑「どこにいるの?」

ワタナベ「僕は今、どこにいるんだろう?」

引用:ノルウェイの森/配給会社:東宝

作品のラストのワタナベのこのセリフと表情。

場所としてはレイコを見送った自宅アパートの共有玄関、ということが分かるがゆえに、観る者に戸惑いと強烈な印象を与えます。

ワタナベはいったい「どこ」にいるのでしょうか。

直子の「ここは、どこ?」

Graffiti Eyes Dublin Art Print Poster Wall Decor 落書き目ポスター壁デコ
このラストのセリフへの最初の伏線が、ワタナベが直子と再会した直後の散歩するシーンに潜んでいます。

「ここは、どこ?」

引用:ノルウェイの森/配給会社:東宝

散歩というには早すぎるスピードで歩いていた直子が突然立ち止まり言うこのセリフ。

この唐突なセリフのシーンは観客がワタナベの視点になり直子からまっすぐな目線を向けられるため、観客に強い違和感を与えます。

直子の精神がここではないどこかにあるような感覚をもたらすのです。

このセリフの存在から、ラストのワタナベの「どこ」も実際の場所ではなく、精神の居場所であることが伺えます

そして、池のシーンで直子の元から離れないワタナベ。

ラストのシーンでも精神は直子のところにあり、現実の時間と場所に存在できていないから戸惑っている、と考えられるのではないでしょうか。

映画ならではの魅力

【映画パンフレット】 『ノルウェイの森』 監督:トラン・アン・ユン.出演:松山ケンイチ.菊地凛子.高良健吾

ここまで、登場人物たちのいくつかのセリフやモチーフを細かく考察してきました。

原作の人気が高ければ高いほど難しい映画化。本作も原作のエピソードを大胆にカットしています。

しかし確かに感じるのは、登場人物やモチーフの効果的な見せ方、伏線の差し込み方の巧みさ。

それらを情緒的に魅せる音楽と映像表現。

映画のキャッチーコピーである「深く愛すること。強く生きること。」というメッセージが観客の心に染み込んでいきます。

彼らの愛し方や生き方を目の当たりにできること。