今までも、そしてこれからもずっと天国から亡き父と六兵衛が見守っているので、決してひとりではないと。