正しく管理社会に生きる人間の奥底を突くようなタイトルで、それが今尚多くの人々を魅了してやまないのではないでしょうか。