注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【Diner ダイナー(ネタバレ)】スキンがカナコのスフレを食べて発狂した理由を考察!来店したボンベロの生死の真相とは

そして来年もまた死者の日にボンベロに料理を振る舞う姿が目に浮かびます。

原作のラストとの違い

ダイナー (ポプラ文庫)

ボンベロがカナコの店に来るシーンは映画の為に作られました。

原作ではカナコがボンベロの来店を待つところまでで終わっています。

生死に触れていない分、原作の方がボンベロが生きている可能性が高いようにみえます。

ボンベロが生きていた場合、記憶喪失など自在に設定を決めることができます。

真っさらな記憶の状態で再会するのも面白いかもしれません。

続編を作る予定があるなら、その様な含みを持たせておきたいところです。

カナコの夢の中だった可能性も

Diner ダイナー[Blu-ray 豪華版]

殺し屋に囲まれた環境で、素人の女性が生き残る確率は非常に低いでしょう。

本来ならタクシーのバイトをした時点でカナコが死んでいてもおかしくありません。

ダイナーでの体験は、母からの愛に飢えたまま死にゆくカナコが見た夢である可能性もあります。

スキンとボンベロの役割

登場人物達がカナコの夢の産物だとすれば、カナコの自己否定を体現したのがスキン。

そして自分を肯定してくれるボンベロはカナコの理想の母親だったのかもしれません。

この自己否定から自己肯定への成長がこの作品の軸となっていると思われます。

そのため自己否定する自分との和解をスキンとの交流で果たします。

またボンベロとの喧嘩が度々あったのも、自己肯定へ移行する難しさを描いているのではないでしょうか。

死者はカナコだったのか

母とボンベロを重ね合わせた時、死者の日に2人が再会できたのも頷けます。

本当に死んでいたのはカナコで、彼女は死者の日に母親に会いに行ったとも考えられるからです。

もし母に捨てられたという想いを引きずったままカナコが死んでいたら、この再会は果たせなかったでしょう。

ダイナーでの成長によって、カナコが母を受け入れられるようになったのです。

生きて夢を果たせなかったカナコの、儚い幸せな夢を私達は観たのかもしれません。

カナコの成長記録

DINER ダイナー 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

誰からも必要とされていないと感じていたカナコは、主体的にものを見ることができませんでした。

しかしダイナーで命の危機にさらされ、ボンベロとの信頼関係を築く中で孤独から解放されたのです。

現実の世界でもカナコのように孤独を抱えている人は多く、誰にも助けを求められずに苦しんでいるはずです。

そんな人に向けての応援メッセージを監督はこの作品に込めたかったのだと思います。