注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【無限の住人(ネタバレ)】斬る相手を問われた凛の心境の変化を徹底解説!不死の身はどんな意味を持つ?万次はなぜ凛を守るのか

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B074MR1Q1W/cinema-notes-22

『無限の住人』は、2017年に公開された主演木村拓哉をはじめとする豪華なメンバーで制作されたアクション映画です。

キャッチコピーは「1人対300人。”ぶった斬り”エンタテインメント」。

まさしくキャッチコピーをあらわすような1対多数の迫力ある戦闘シーン。

そして、様々な剣客と死闘を繰り広げるシーンは本作の見どころです。

一方で『無限の住人』は、「万次と凜の絆の変化」や「善悪」についても描いていたことにお気づきでしょうか。

今回は『無限の住人』を本サイト独自の視点で解説していきます。

物語で描かれる善悪

なぜ万次は凜の依頼を断ろうとしたのか

無限の住人 [DVD]

なぜ万次は凜の依頼を断ろうとしたのでしょうか。

一般的な善悪の基準で考えるならば、若くして両親を殺された凜を守ることは正義といえます。

凜も天津がいかに悪なのかを万次に訴えますが、その時に万次が凜に返した言葉が以下のものです。

お前の中ではその天津っていうのが悪で、お前が善ってわけか

人間ってのは便利な生き物だよな

引用:無限の住人/配給:ワーナー・ブラザース

凜が善で、天津が悪だと、簡単に分けられないということを万次は言います。

まさしく不死身となり、人の生き死にや戦いを無数にみた万次ならではの言葉です。

万次は「善悪」は立場によって変わるということを凜に伝えようとしたのです。

万次にとっての善悪とは

万次は、たいていの人間にはその立場があり、立場によって善悪が異なることを知っていました。

では、万次にとっての善悪はどのようなものなのでしょうか。

万次の善悪の基準は「万次の主観」です。

立場によって変わる善悪を知っている万次だからこそ、自分が善と決めたものは善。

そして自分が悪と決めたものは悪として対処します。

なぜ万次が善悪を自らの主観で見定めることにしたのか。

万次も過去は、一般的な善悪の価値観をもっていました。

けれどもその価値観で、万次が仕えていた旗本の不正を暴いた結果、妹を苦しめることになったのです。

ここから万次は善悪に一般的な基準などないことを悟りました。

天津にとっての善悪とは

無限の住人 [DVD]
凜にとっては完全な悪である天津にも、善悪の基準がありました。

そして天津にとっての善とは「流派を統一すること」です。

いつかくる乱世に備え、流派を統一することの必要性を天津は信じていました。

そのためには江戸にある流派を傘下にいれる、または潰すことは、正義だと考えたのです。

天津は正義のために凜の両親を殺害したと考えています。

万次と対になる存在の尸良

尸良の善悪の基準も、万次と同じく「主観」でした。

天津のように大義を抱えているわけではなく、ひたすら己の力をもって享楽的に生きる。

そんな尸良は、金のために天津を狙い、天津の影武者の女を凌辱しようとしました。

尸良も己の主観で動く人間でしたが、凜を守るために戦う万次とは対極的な存在です。

尸良は、本作で万次の最大の敵とされる天津とはまた別の存在だったのです。

万次が行動するのは凜の善悪を超えた思いを受けたとき

無限の住人 [DVD]

万次が凜のために決意し、そして行動したシーンは劇中に2回ありました。

1回目は「用心棒の依頼を受けたとき」、2回目は「300人を相手に誰を斬るか聞いたとき」です。

そして、その2回に共通することは「凜の心からの思いを受けた」です。

万次が凜の依頼を受けたときも、善悪とは関係なく、凜が両親を殺された無念を正直に吐露したときでした。

300人を相手に誰を斬るか凜に聞いた時も、凜の「私を斬ろうとする人」という正直な答えに万次は納得しました。

万次にとって重要なのは、立場によって変わる善悪ではなく、大切な人の思いなのです。

斬る相手を問われた凛の心境の変化

無限の住人 ブルーレイ&DVDセット プレミアム・エディション(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]

万次は凜に2回斬る相手を問いました。

斬る相手をきいたときは、万次が凜の正直な思いをきいたたときでした。

一方の凜は、その2回の問いかけの間でどう心境が変化したのでしょうか。

答えは、万次への信頼です。

一度目の問いかけのときに、凜は天津がいかに悪なのか。

いかに斬られなければいけない存在かを強調することしかできませんでした。

それは万次を知らないがゆえに、一般的な善悪で訴えかけようとしたのです。

しかし、二度目の問いかけのとき、凜は自分を助けてほしいと素直に伝えます。

そして万次も凜の答えに満足して、戦いに挑みました。

1回目と2回目の問いで、凜がいかに万次を信頼するようになったのかがよくわかります。

万次の不死の意味とは

なぜ万次は不死にされたのか

無限の住人

なぜ万次は不死となったのか。

なぜ八百比丘尼は万次を不死にしたのか。

劇中では、八百比丘尼の意図は明かされていません。

同様に、不死の身体をもつ閑馬永空も、なぜ不死にされたのかはわかりません。

けれども万次が力尽きる前に不死にしたことから、万次を助けようとした意図がみられます(万次自身は死を望みましたが)。

そして凜に万次を紹介したのも、妹を死なせた罪に苦しんでいる万次のためだと考えられます。

八百比丘尼には、何か万次を救おうとする意図があるのかもしれません。

万次は本当は死にたかったのか

作中、万次に一番の危機が訪れたのは閑馬永空と戦ったときです。

対血仙蟲の武器に対して、万次は対抗手段を持っていませんでした。

そして、万次は遂に死ぬことができる、と期待します。

不死身の身体となり、死ぬことのできない万次には生きる辛さしかありませんでした。

妹という大切な存在を失った万次は、俗世とは関係を持たないために、一人山奥で暮らしていたのです。

そんな万次にとって死は願ってもないことでした。

しかし、なぜ閑馬永空を倒して死ぬことを諦めたのか。

それは凜を思い出したからです。

かつての妹のように守るべきものの存在を思い出したこと、もう失いたくないという思いが、死への憧れを上回ったのです。

万次はなぜ凜を守るのか

万次がなぜ凜を守ろうとしたのか。

それは守ることができなかった妹の存在を凜に重ね合わせているからです。

自らの正義感によって、妹の夫を殺し、妹の気を狂わせたこと。

妹の幸せを奪ったこと、そして妹を死なせたことは万次にとって、一生背負う罪だったのです。

そんな中、出会った凜に万次は妹の面影を重ねました。

もう大切なものを失わない。

そんな万次の決意が凜を守る理由となり、万次の生きる意味にもなったのです。

豪華なキャストと監督で制作された!

木村拓哉をはじめとする豪華なキャスト陣

無限の住人 [DVD]

『無限の住人』には、若手実力派俳優から歌舞伎役者まで、幅広く豪華なキャストが出演していたのが特徴です。

木村拓哉は2006年の『武士の一分』から10年ぶりに武士の役に抜擢されました。

そんな木村も1対300の最後のアクションシーンには苦労したようです。

砂利での激しい殺陣で、木村は右膝靱帯を損傷するほどのケガをしました。

凜を演じた杉咲花は、撮影当時は高校生で、撮影の合間にテスト勉強をしていたそうです。

『無限の住人』では、主役からわき役まで豪華なキャスト陣が演じています。

もし見逃してしまった方は改めてじっくり観てみると、見つかるかもしれません。

数々の作品の映画化をてがけた三池崇史監督

悪の教典

『無限の住人』は三池崇史氏が監督を務めました。

三池崇史監督は、今でこそヒットメーカーとして知られており、幅広いジャンルの映画を撮影しています。

しかし、監督としてデビューした頃はVシネマの撮影が多く、そこで得た経験が本作に活きています。

そんな三池監督は万次を演じる木村拓哉の演技に見とれることもあったようです。

山の斜面での万次の戦闘シーンの撮影。

そのとき三池監督は木村の演技の撮影に熱中するあまり、足を滑らせ骨折しました。

監督も俳優も思わずケガをしてしまうほど、一体となって作られたのが本作なのです。

無限の住人には原作がある

原作と映画版の違い

無限の住人(1) (アフタヌーンコミックス)

『無限の住人』の原作は、1993年から月刊アフタヌーンで掲載された沙村広明によるマンガです。

単行本は30巻発刊されています。

また映画化だけでなく、アニメ化や舞台化も行われています。

そんな『無限の住人』ですが、原作と映画ではどう違うのでしょうか。

まず、映画版は原作の13巻までの内容と結末は最終巻のもので構成されています。

そのため、映画版では万次と一時行動を共にした逸刀流の凶や無骸流の百琳についてはとりあげられませんでした。

万次が不死の体として人体実験されることも本作には含まれていません。

また映画版では、凜の敵討ちを強調するため、凜の父親を殺害したのは天津でした。

けれども原作で凜の父親を殺害したのは黒衣だったのです。

逆に、映画版で加えられたのは最後の万次と天津が300人を相手にするド迫力の戦闘シーンです。

『無限の住人』は映画版では迫力の戦闘シーンがフューチャーされます。

ですが原作を読むと、よりキャラクターを深く知ることができるので、比較しても面白いでしょう。