注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【アースクエイクバード(ネタバレ)】リリーが死亡した理由を徹底考察!ルーシーはリリーを殺害していた?禎司との関係とは

死にゆく女性を撮影する禎司。彼は彼女たちに何を求めていたのでしょうか。

快楽を求めて

HAKUBA 速写ストラップ ルフトデザイン スピードストラップ38 一眼レフ用 ブラック KST-62SS38BK

自分に興味を持った女性を禎司は殺害してきたのかもしれません。そういった意味でいうと、ルーシーもリリーも獲物だったといえます。

しかしルーシーを家に招き入れた禎司は彼女を殺しませんでした。一方、付き合いの浅いリリーを先に殺してしまいます。

ここで分かるのは、禎司はルーシーを殺したくなかったということです。

彼女達はどちらも禎司の部屋に入りましたし、殺される機会もありました。

生かされたルーシーと殺されたリリー。その差はなにかといえば、「」なのではないでしょうか。

つまり禎司はリリーのことをルーシーほど愛していなかったのです。ただルーシーを殺せない代わりにリリーが標的になったということ。

禎司は、目の前に大好物を置かれてよだれを垂らしている獣同然です。

食べたいのに食べられない欲求を満たすがためにリリーは犠牲になったと推測できます。

理解されない苦しみ

恋人ができても、愛するが故に殺してしまう禎司。

彼にとって恋人の死にゆく姿は、カメラのシャッターに収めたくなるほど甘美なものだったのでしょう。

しかし死んでしまえば、もう二度とその恋人に会うことは叶いません。彼にとって愛することは殺すこと

これ以上ない愛を見つけた時、それは終わってしまう。その悲しみは彼の心に暗い影を落としたに違いありません。

そしてこの秘密の行為は、愛する人に暴露することが一番許されません。仮に暴露したなら、恋人は彼のもとをすぐさま立ち去るでしょう。

禎司は愛する苦しみを人知れず抱えていたのです。

ですが犠牲者からすれば彼の苦しみなどどうでもいい話。リリーを殺していい理由などありません。

ルーシーはリリーを殺害していた?

アリシア・ヴィキャンデル24 x 36ポスターRare印刷# ttg636241

やってもいない罪をわざわざ自白する人はなかなかいません。ですが他人からしたら馬鹿げた行為をルーシーは実行しました。

彼女にとってリリー殺害は虚構ではなく現実であったに違いありません。

「リリーを殺したのは私だ」と追い詰められたルーシー。そんな彼女の心の中はどの様な感情が渦巻いていたのでしょうか。

ルーシーは自白したが

今まで自分と関係のある人が死んでいくのを見てきたルーシーが、リリーのことも自分のせいだと思い込むのは仕方のないことです。

しかしこの自白は他人からすれば妄想でしかありません。

直接殺したわけでもないのに、あたかも関係性があるかの様に考えるのは、ジンクスに似ています。

映画のタイトルにもなっている「アースクエイクバード」ですが、直訳すると「地震の鳥」。

これは「地震が起きる時に鳥が鳴く」というジンクスを表しています。

日本では「猫が顔を洗うと雨が降る」などのジンクスが有名ですが、猫が雨をもたらすわけではありません。