そのような現代社会への警鐘を実に的確に描いた意欲作として、今後も語り継がれていくことでしょう。