注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【シュガー・ラッシュ】カメオ出演しているゲームキャラを解説!思わず懐かしい…と感慨深くなるあのキャラが大集合!

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00CRSN366/cinema-notes-22

「シュガー・ラッシュ」は、リッチ・ムーア監督による2012年に公開された3Dコンピュータアニメーション映画です。

アーケードゲームの世界に住む悪役キャラクターのラルフがヒーローになりたいという夢を叶えるために冒険するファンタジー・アドベンチャーです。

日本では日本語吹き替えで2D版と3D版が公開され、第85回アカデミー賞にノミネートされるなど世界中で支持されています。

そんな「シュガー・ラッシュ」ですが、実はこの作品には、世界中で愛されているゲームやディズニーのキャラが多数登場しているのをご存知でしょうか。

どの作品のキャラが登場しているのかわからない、観たことはあるけど名前が出てこないという方もいらっしゃるでしょう。

今回は答え合わせの要領で「シュガー・ラッシュ」にカメオ出演している懐かしのゲームキャラと作品をご紹介します。

ラルフとゲームキャラの関係性

この物語の舞台はゲームセンターで、設置されているゲームにはそれぞれ自分の意思を持つキャラが活動しています。

ゲームセンターで稼働しているゲームの1つである「フィックス・イット・フェリックス」というアーケードゲームから始まります。

主人公のラルフはヒーローになりたいという密かな思いを抱きながら、そのゲームの悪役キャラとして活動していました。

ラルフは、共演キャラと仲良くしたいという密かに抱いていた思いを爆発させます。

自分でもヒーローになれることを他のキャラに証明するため、ヒーローの証明であるメダルをゲットするべく別のゲームに挑んでいくのです。

ラルフと同じ悪役が多め

カメオ出演しているゲームキャラは、悪役を演じていたキャラが多数です。

悪役を辞めたいというラルフの発言を聞いて戸惑う姿やラルフを必死に励ます姿を見ることができます。

オリジナル作品でのイメージを壊すような可愛らしさや、真剣に悪役を演じていたんだと感じさせるような真面目さが垣間見えます。

悪人の集いに参加したゲームキャラは?

ゲームのルール説明をするのはのソニック!

ソニックX

ゲーム・セントラル・ステーションを歩いていたラルフにパネルの中からゲームのルール説明をするソニックが登場します。

「自分のゲームから出るときは慎重に行動しよう!何があっても絶対に死なないこと!」「自分のゲーム以外の場所で死ぬともう復活できないぞ!」という発言をするソニック。

このシーンで、自分のゲーム内では死んでも復活できるが、他のゲームで死んでしまうとそのままの意味になってしまうというルールが判明しました。

ソニックが登場するソニックシリーズは、1991年に発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』からこれまでにたくさんの作品が生まれ、世界中の人々にプレイされてきました。

設けられたステージを高速で駆け抜けるソニックを操作して、ゴールを目指すアクションゲームです。

悩み相談会の進行役はオレンジのモンスター・グズタ! 

パックマン ゴーストライト [並行輸入品]

ラルフが参加したお悩み相談会を進行するのは、パックマンの食事を邪魔することで有名なグズタ(オレンジ色のモンスター)です。