色々な意味で実に“考えさせられる”一作です。