魔法が解けたはずの彼女が、自分の力で成し遂げた奇跡です。

本作を観ていると奇跡は待つものや願うものではなく、自分自身で掴んでいくものなのではないか、と考えさせられます。

レネーが本当の美女になった

本作のラストシーンに描かれたレネーは、本当の意味での美女です。

びくびくしねぇ、自信たっぷりの女

引用:アイ・フィールプリティ/配給会社:STXエンターテインメント

劇中ビキニコンテストの会場で司会者がいっていたセリフですが、この言葉こそ「いい女」の条件なのかもしれえません。

ラストシーンのレネーは豪快で自信に満ち溢れており、まさにいい女そのものだったのです。

レネーが愛される理由

モデル

劇中に登場する人物達は、一様に何かしらコンプレックスを持っていました。

一見完璧そうな人でも、実は皆欠けていることに悩んでいるのでしょう。

レネーに惹き付けられる理由

レネーはスタイルがいいわけではなく、容姿も人並みです。

しかし魔法のかかった自分が大好きで、自分自身を愛していたのです。

だからこそ多くの人を惹き付けたのでしょう。

エイヴリーやグラントですら何かしらの悩みを持ち、人の目を気にして生きています。

しかしレネーは人の目など気にせず(勘違いだったのですが)自身に満ち溢れた姿をしていたのです。

欠点を気にしない

セントラルパーク

彼女は勘違いに関係なく、人の欠点を気にしない人物です。

イーサンが女性用のズンバを好きなことも、エイヴリーの声が高すぎることも欠点だと思っていません。

この彼女の性格は自分が気にしているほど周りは気にしていない、ということを暗示していたのかもしれません。

明るくてユーモアがある

自分を見失ったレネーに友人は下記の言葉を投げかけました。

仲良くしてきたのは、あなたが楽しくて面白くて優しかったからよ

引用:アイ・フィールプリティ/配給会社:STXエンターテインメント

これこそがレネーの愛される理由です。

勘違いをしていた間も、レネーは持ち前の明るさで周囲を笑顔にしており、気遣いも天下一品でした。

自虐的に生きてさえいなければ、元々彼女は多くの人に愛される女性だったのです。

吹替版では渡辺直美がレニーの声を担当していますが、これが明るいレニーにぴったりであると高評価を受けています。

自信を失った時に観たくなる映画

映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』 オリジナル・サウンドトラック

アイ・フィールプリティ!』は、女性に対しての見方が変わる映画ではないでしょうか。

本当の魅力というのは何なのか、見た目ばかりが気になってしまう女性には胸に刺さるメッセージが隠されています。

等身大の女性を描いた本作は、多くの共感を呼び復興収入は予想を上回る数値になったようです。

自分の魅力がわからなくなった時、自信がなくなった時に観返したい映画ではないでしょうか。