注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ホーム・アローン5(ネタバレ)】ゲームを卒業を決めた理由を考察!懸賞金を手にしたのは?なぜフィンは計画を知ってたのか

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00TQIFE1M/cinema-notes-22

シリーズ5作目となる映画『ホーム・アローン5』はシリーズ完結編となった作品です。

監督はピーター・ヒューイットで、主演はクリスチャン・マーティンと完全オリジナルになります。

アメリカでは2012年にABCファミリーでの放送となりましたが、日本では2015年にDVDレンタルという形で提供されました。

スタッフ・キャスト共に前作までと繋がりがない上劇場公開もしていないので異色作といえるでしょう。

物語は幽霊が出るという曰く付きの豪邸に引っ越したバクスター一家と泥棒たちを巡るドタバタです。

今回はフィンがゲームからの卒業を決めた理由をネタバレ込みで考察していきましょう。

また一家がラストシーンで手にした懸賞金やフィンが計画を知ってた理由も併せて見ていきます。

孤独な姉弟

孤独の価値

本作独自の特徴は何といってもフィンとアレクシスです。

シリーズ最終作でありながら、それまでのセオリーを大胆に破る設定ではないでしょうか。

前作までの4作は泥棒の犯行に気付いたり撃退する為の罠を仕掛けたりするのは基本少年一人でした。

あくまでも家のはみ出し者と呼ばれるような悪戯っ子の少年という設定は変えていません。

そこを本作は変えたのですが、興味深いのはこの姉弟が孤独で冷めた現代っ子であること。

フィンはゲーム、そして姉が携帯電話に依存しており親との関係もどこか険悪で心が孤独です。

そんな孤独な姉弟が事件を通して変わっていく様子を是非考察していきましょう。

ゲーム卒業を決めた理由

卒業S

本作のラストはそれまでゲームに依存していたフィンがゲームを卒業するシーンで締めくくられます。

一体何が彼をそうさせたのか、あらすじを追いながら彼の変化と共に考察していきましょう。

両親との和解

和解: インナーチャイルドを癒す

一番大きな変化はまず姉のアレクシス共々ずっと不仲だった両親と和解できたことです。

フィンのゲーム依存とアレクシスの携帯依存は両親に振り向いて貰えない寂しさからでした。

これは完全に両親に責任があり、何と二人に留守番をさせてクリスマスパーティーに参加しています。

更にはフィンの泥棒がいるという訴えを全く聞かず最初から頭ごなしに嘘だと決めつけているのです。

こんな育児放棄にも近い仕打ちをしているのですからゲームや携帯電話に逃げるのは当然でしょう。

事件を通してまずこの親子のわだかまりが解けたことを意味しています。

現実とゲームの違いを知ったから

ビデオゲームの美学

二つ目にフィンがこの泥棒たちとの攻防を通して現実とゲームの違いを知ったからではないでしょうか。

姉と共に立ち向かうことで無事に事件は解決したものの、下手すれば金品のみならず命が奪われていたのです。

それまでゲームという対岸の火事でしか緊迫した状況を経験したことのない彼には恐ろしかったことでしょう。

正に本当のバトルは命がけでリセットが効かないということを身を以て学んだことになります。

もしこのままゲームに現を抜かしたままだったらフィンとアレクシスは命を落していたかも知れません。