注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【アデル、ブルーは熱い色(ネタバレ)】エマが泣いた真意を考察!なぜ男性教師とキスした?展覧会に青い服で訪れた意味に迫る

どんなに過去真剣に愛し合ったとしても、アデルもエマも元は赤の他人であり自分の人生があるのです。

アデルには学校の先生として、そしてエマには芸術家としての生活をそれぞれに持ち始めます。

でもそれは決して特別ではなく日々の暮らしの中で起きた僅かなズレの積み重ねでしかありません。

これは同性愛だけではなく異性同士や友人同士であったとしても普通に起こり得ることです。

だからこそ今ここで涙で全てを洗い流す必要があったのではないでしょうか。

男性教師とキスした理由

アデルとエマが別れるきっかけとなったのは幼稚園の男性教師とのキスが原因でした。

エマはアデルが男性とキスしたことではなく、嘘をついていたことに激怒したのです。

果たして何故アデルは男性教師とキスしたのでしょうか?

寂しかった

寂しい生活

まずはアデルがエマとの日々の暮らしの中で寂しさを感じていたことが挙げられます。

アデルは幼稚園の先生として、エマは芸術家としての日々があって一緒に居る時間が減っていきました。

そうなるとアデルがエマに愛されている自信がなくなっていくのは当たり前ではないでしょうか。

これはアデルだけが悪いのではなく彼女の寂しさに気づけなかったエマにも原因があります。

その心の溝を埋めていく努力をしなかったからアデルは男性教師へと傾いたのです。

付き合う人種の違い

人種・国民・階級――「民族」という曖昧なアイデンティティ

2つ目にアデルはエマが芸術家として付き合いを持っている人達との関係に気疲れしていました。

エマが芸術を通して知り合った人達は上流階級のインテリが多く、アデルには基本縁が無い人達です。

エマはごく普通の平凡な家庭に育った子であり、エマとはそもそも生きている世界が違います。

だから当然付き合う人種も全く異なっており、それは即ち2人を取り巻く環境の差でもありましょう。

本人達にもどうしようもない程の深い溝があったのだと推測されます。

安定と自由

君たちはまだ本当の安定と自由を知らない

そしてこれらの原因をもっと深く突き詰めると本質は2人の求めるものの違いにあるといえます。

アデルが求めるものは安定した日々であり、だからこそ先生という公務員の仕事を選びました。

一方でエマは自由を求める芸術家気質で、常に変化や刺激を求めてやまない性格です。

ここが恐らく同じレズビアンでも埋められなかった性格の違いではないでしょうか。

アデルにとってエマの生き方は変化が激しすぎるし、逆にエマにとってアデルの生き方は無難すぎました。

どんなに一時的に心通わせ合ったとしても、根っこの部分が正反対ならば合うわけがありません。

そんな真逆の2人が出会い数年間も生活を共にしたこと自体が奇跡です。

展覧会に青い服で訪れた意味

11色展開 ビッグパーカー メンズ プルオーバー 無地 ロング サイド ジップ スウェット パーカー プルオーバーパーカー ビッグ スエット 男女兼用 シンプルスタイル ユルカジ オーバーサイズ

本作のラスト、アデルはエマから招待を受けた展覧会に青い服で訪れました。

かつてはエマが好んでいた青という色をわざわざ着てきたことに何の意味があるのでしょうか?

孤独

孤独の意味も、女であることの味わいも