守らない掟ならば必要がないということでしょう。

例え大切な義妹であっても掟の前では特別扱いはしない、という強い意志を感じます。

死神にとって情は病に等しい

引用:BLEACH/配給会社:ワーナー・ブラザース映画

またこのセリフは、白夜自身が自分に言い聞かせている言葉なのではないでしょうか。

ルキアを大切に思う心を封じて掟を優先させようと努力しているかのようです。

六番隊隊長としての示し

白夜は六番隊隊長として、掟を守ることで皆の見本となるべきだと思っています。

また劇中では語られていませんが、四大貴族の一つである朽木家の当主という立場もあるでしょう。

我らが掟を守らずして、誰が掟を守るというのだ

引用:BLEACH/配給会社:ワーナー・ブラザース映画

皆の上に立つ立場上、私的な理由で掟を破る訳にはいきません。

貴族として生き、規律やしきたりに厳しい白夜ならではの考え方です。

ルキアを助けたい恋次の想い

BLEACH [DVD]

早乙女太一演じる恋次はルキアに想いを寄せる死神ですが、六番隊の副隊長として白夜の指示には絶対服従の姿勢を見せています。

彼はルキアを助けたい、そう思っていたに違いありません。

だからこそ、一護を倒して死神の力をルキアに返そうと必死だったのです。

一護を倒さなければ、白夜にルキア殺されてしまう…。

恋次は死神の掟とルキアへの想いの狭間にいた人物といえます。

六番隊の副隊長であることが、彼に「掟を守らなければならない」という辛い選択をさせていたのでしょう。

しかし原作では、この後掟を破りルキアの処刑を阻もうと必死に戦う姿が描かれていました。

恋次の葛藤は、掟か愛情かを観る者に問いかけるものでもあります。

白夜の過去に隠された掟への想い

BLEACH ブリーチ クリアポスター セット

護廷十三番隊の中でも、白夜や恋次がいる六番隊は取り立てて掟に厳しい隊でもあります。

それは劇中で語られていない、隊長白夜の過去が影響しているからです。

以前白夜は貴族の掟を破ってルキアの姉である緋真と結婚しており、ルキアを義妹にしたのは2回目の掟破りなのです。

彼はその時に、もう二度と掟を破ることはしないと親の墓前に誓っていました。

厳格な性格の白夜なだけに、この墓前での誓いは絶対に守ると決心していたのかもしれません。

だからこそ、ルキアの犯した罪に対して冷酷なまでの態度をとったのでしょう。

白夜は揺るがない決意を持って掟を選んだ人物です。

一護に残された意識が示すもの

BLEACH [DVD]