その問題にどう向き合うのかを受け手に考えさせるのが本作ではないでしょうか。