実はノアは、自分のスパイとしての目的をシルバの目の前で話しています。

それは車内でシルバがノアに、アメリカに加担しようとする目的を聞いたときでした。

家族の仇だ。

引用:マイル22/配給会社:STXエンターテインメント

これを聞いたとき、シルバは「ノアの家族がインドカー政府に何かされた」と判断したでしょう。映画を観ているこちらもそう思いました。

しかし、この「家族の仇」とは、先述した少年と母親のことを指していたのです。

つまりノアは、シルバの前で嘘をつくことなく、真実を話してたことになります。その解釈は違ったかもしれませんが…

パスワードコード

ロストポスター レアポスター iko uwais Mile 22 リミテッド 2018年 リプリント #'d/100!! 12×18

亡命するために、飛行場で安全が確保されること。これがノアが提示した、データ開示のためのパスワードを教える条件でした。

そのパスワードは「ROZHDESTVO111」です。これはロシア語のクリスマスを意味しています。

さらに、映画冒頭で少年がいた家の住所が「クリスマス通り111番」であることから、パスワード末尾の数字の意味も明確です。

少年がいた家の住所とパスワード、これらを知っており、思い出させるかのようにして設定されているのは、母親の復讐心からでしょう。

ノアはその手先として動いているのです。

リー・ノアの消されたデータ

ノアの正体を掴むためには、ノアの過去を知るべきでしょう。

ノアはインドカー出身の人物であることは分かりますが、実は作中の中でも「消されている過去」があります。

留学経験

ポスター/スチール写真 アクリルフォトスタンド入り A4 パターンD マイル22 光沢プリント

マザーが特殊な技術を使ってリー・ノアについて調べると、ノアに留学経験があることが判明します。

しかしその留学経験は、公には消されており「ないもの」になっていました。

これが何を意味するのかというと、留学先がロシアであり、そこでロシアと接触し、パイプが作られていたことを表しているのです。

また、留学先のロシアでスパイ訓練を受けるには、十分な期間だったとも考えられます。

やはりノアはロシアのスパイであることに、間違いはないでしょう。

ノアの登場シーン

ポスター/スチール写真 A4 パターンC マイル22 光沢プリント

本作で最初にノアが登場するシーンでは、ノアが家の中で写真やパスポートに火をつけて焼却していました。

パスポートと言えば、当然身分を明らかにできるものです。さらに、写真はその人物の過去を映し出したもの。

また写真は、軍服を着た自分海で小さな娘を抱えた写真でした。これらのことから、二つのこととが判明します。

  • ノアは身分を明かされないまたは、消さなければならない人物
  • 娘がいたが、何かしらの理由で亡くしたか別れたかしている

一つ目に関しては、スパイとして活動するためには必要な措置でしょう。

二つ目に関しては、例えば娘を誰かに殺されたことや事故で失った。アメリカが絡む何かに巻き込まれた。

それらの理由から、アメリカに復讐したい。といったような理由が考えられます。

そこが明確には出されていませんが、娘がいたということは妻がいたということ。つまり家族がいたことには間違いありません。

ノアの経験と役割

ノアには消された過去がありました。一方今回の事件において、明らかにされている過去や役割はどんなものなのか。