その変化に気付いた時、本作がまた別の視点から解釈・考察が可能であることが分かってくるでしょう。