老境に達して尚若き挑戦心を失わないイーストウッド監督の前向きさを感じさせる意欲作でした。