注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【銀魂2 掟は破るためにこそある】 伊藤と土方の複雑な想いを徹底解説!「ありがとう」の一言に込められた深い意味が知りたい

SF 銀魂2

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07JJX4XM6/?tag=cinema-notes-22

コメディ映画ながらもシリアスありアクションありの奥深い漫画でありアニメであり映画であるこの銀魂という作品。

今回は実写映画の1シーン、土方に斬られた伊東が最期に放った「ありがとう」の一言の意味について徹底解説していきます。

銀魂の実写映画について

伝説の書III「勇者ヨシヒコと導かれし七人」 (伝説の書 3) 大型本 – 2016/12/29

勇者ヨシヒコシリーズの監督でもある福田雄一氏が監督を務める実写版銀魂は、作品本来の笑いを忠実に再現しシュールな笑いを生み出しています。

まずはその映画の評価についてお話しします。

「銀魂2」の映画的価値

オスカー像 レプリカ トロフィー (オマージュ) Sサイズ 19cm

銀魂1の実写映画が実写邦画の映画動員数ナンバー1を記録したため制作が決定した「銀魂2掟は破るためにこそある」

「日本アカデミー賞とは無縁」「小栗旬では主演男優賞が取れない」「菅田将暉は調子に乗ってCDを出している」と小栗旬と菅田将暉を含めた登場人物たちがぼやく音声から始まる独特な幕開け。

ですが、その馴染みやすさゆえか、銀魂の実写版1、2はともに2年連続で実写邦画映画の動員数トップを記録しています。

銀魂ファンの層の厚さ

CPプレート 銀魂2 ブースター

 

元々は週刊少年ジャンプに連載されていた漫画であり、アニメ放送もされていたことから漫画やアニメのファンはもちろん要チェックの作品です。