注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【パッドマン 5億人の女性を救った男(ネタバレ)】別れ際に放ったラクシュミの台詞の真意を徹底考察!パートナーの本質とは

付き合うことは出来ない、まして結婚は望めないのです。

永遠に君だけ

引用:パッドマン 5億人の女性を救った男/配給: ソニー・ピクチャーズ・リリーシング

自分を理解してくれるのはパリーだけ、上記のセリフこそ彼の本意なのかもしれません。

パリーの気持ちに答えるセリフ

パッドマン

ラクシュミの別れ際のセリフは、パリーの気持ちに気がついていたからこその言葉です。

自分に想いを寄せていることを感じていたのでしょう。

しかし、パリーは自分の気持ちを打ち明けようとはしませんでした。

そんな彼女の気持ちを汲むように、言葉をかけたのではないでしょうか。

パリーの気持ちには答えることが出来ないけれど、パリーは特別な存在だ、という気持ちも込められていたと考察出来ます。

パートナーの本質

離婚

本作ではラクシュミのパートナーとして二人の女性が登場します。

パートナーとは一体どんな存在なのか、考えさせられる映画でもあるのです。

尊敬出来ること

インドでは女性は男性に従うのが一般的です。

当然主導権は男性が持っており、女性の才能は注目されません。

しかし本作ではパリーがナプキンをいとも簡単に売っており、女性だから出来ることが大きく描かれていました。

ラクシュミはこの時パートナーとしての彼女の存在を感じたのではないでしょうか。

一人では出来なくても二人なら出来る、お互いに尊敬する気持ちがパートナーの本質といえそうです。

信じることが出来ること

妻ガイヤトリは、ラクシュミの行動を信じることが出来ませんでした。

しかし、彼女が悪いとはいえません。

インドの悪習が彼女をそうさせていたのでしょう。

ラクシュミもそのことは十分に理解しています、だからこそ彼女を愛し続けたのです。

一方パリーはラクシュミの目的を理解し、成功を信じていました。

例え周囲がNOといってもお互いに信じあうことが出来ること、それもパートナーには必要なことです。

同じものを見ていること

パートナー

本作を観ると、パートナーは同じ世界を見ているのだと感じます。

女性の生理を「恥ずかしいもの」と捉えている妻ガイヤトリ―、そして健康的に清潔にあるべきだというラクシュミーの世界。

違う世界に居ては、手を取り合うパートナーにはなれません。

価値観が一緒であることは、とても大きな要素なのではないでしょうか。

幸せを願うこと

ラクシュミは妻の為に数々の困難を乗り越えてきました。

ここにも一つのパートナーの本質があるのではないでしょうか。

彼は、生理を皆が「恥ずかしいことだ」と思っていると認識しています。

だからこそ、そんなことはないと憤ったのでしょう。