自分はなんてことをしてしまったのだろう、という申し訳ない気持ちでいっぱいだったのです。

本当の娘でありたかった

雪

虚言癖というものはどんどん深みにはまり、嘘か現実か自分でもわからなくなる場合があります。

おそらくナンシーは、この錯覚にはまりつつあったのではないでしょうか。

ブルックの30年後の写真は自分に瓜二つであり、夫婦からも娘として扱われたのです。

観る者が、もしかしてナンシーは本当の娘なのではないか、と感じたようにナンシー自身も錯覚を起こしていたのでしょう。

DNA検査がなければ、ナンシーは二人に愛され娘として幸せになれたはずです。

夫婦の為にも自分が本当の娘であればよかった、そう思っていたのかもしれません。

立ち去った真意

写真

ナンシーはなぜ立ち去ったのでしょうか、夫妻の家に残るという決断も出来たはずです。

嘘の世界にはいられないから

検査結果の連絡が来た時点で、自分の嘘はバレていたはずです。

しかしエレンはそれでも自分を受け入れようとしていました。

ナンシーが留まれば、娘の代わりとして家においてくれたかもしれません。

しかしそれは、やはり虚無の世界なのです。

いくら許されても自分の嘘はゼロにリセットされることはない、ナンシーは自分の作り出した嘘の世界から逃げ出したのでしょう。

エレンを傷つけたくないから

自分が打ち明けようとしている嘘をエレンは全て知っている、ナンシーはそう気づいたはずです。

自分が話す内容がエレンを傷つけ、再び絶望させることは目に見えています。

そしてエレンは嘘をついた自分さえも、いい人だと受け入れてくれたのです。

これ以上自分が側にいては、信じた人に裏切られたというエレンの傷が広がってしまいます。

二人を騙して姿を消した悪人になってこそ、エレンの傷は浅く済むと考えたのかもしれません。

自分にはふさわしくない場所だから

エレンは長い間、心の底からブルックが現れる日を待ち続けています。

ナンシーは偽物である自分が、いるべき場所ではないと感じたのでしょう。

エレンは偽物であることを分かった上で、自分を家に置いてくれようとしているのです。

しかし、本来なら夫妻の家はブルックの場所であり、自分が居ていい場所ではありません。

彼女の優しさや寂しさに甘えてはいけない、そう感じたのでしょう。

いつか本当のブルックが戻ってくることを祈って、身を引いたと考えられます。

レオの心境

窓

ナンシーが立ち去るのを止めようとしなかったレオですが、彼はあの時どのような心境だったのでしょうか。

彼は初めからナンシーを疑い、娘として受け入れてはいませんでした。

妻を傷つけたくない、という思いが強かったのでしょう。