出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00XKSTYVK/?tag=cinema-notes-22

ホビット 決戦のゆくえ』は2014年に公開された実写のファンタジー映画です。

原作は『ホビットの冒険』で、実写化映画では『ホビット』シリーズの3作目にあたります。

物語は実写化映画2作目の『ホビット 竜に奪われた王国』エンディングの続きからが始まりです。

2作目でエレボールから邪竜・スマウグを解き放ってしまい、湖の町・エスガロスが襲撃されてしまいます。

家を失ったエスガロスの民はエレボールに避難。

約束の財宝を貰おうとドワーフの城に行くも、ドワーフの長であるトーリンは無視します。

ドワーフの財宝を求めたエルフ軍と守るためにやってきた援軍のドワーフ軍がぶつかる前に闇の大軍勢が襲来。

エルフ・ドワーフ・人間・オークなどの魔族4軍による戦争の終わりまでが物語の流れです。

こちらでは竜の病の治療に必要なもの、ビルボが指輪を持っていることがバレた理由を主に考察していきます。

ロード・オブ・ザ・リングとのつながり

ロード・オブ・ザ・リング (吹替版)

『ホビット』シリーズは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの前日譚にあたる映像作品です。

『決戦のゆくえ』は『ロード・オブ・ザ・リング』最初の展開に持っていくような終わり方をしています。

最初に本作を見た人であれば、続けて『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを見るのも良いでしょう。

竜の病の治療に必要なもの

ドワーフのバーリンは、トーリンが竜の病にかかっているとビルボに伝えました。

トーリンがかかってしまった竜の病は、どのような治療を行えば治るのでしょうか。

必要だと思われる要素は2点です。

財宝を無くす

宝物、宝石、真珠

竜の病の影響でトーリンが執着しているのはアーケン石と財宝です。

バーリンは「アーケン石を渡せば病は悪化する」と想像していました。

目的とする物を渡せば病が悪化するとなれば、執着先である財宝を無くせば良いと考えられないでしょうか。

財宝は絶対に見つからない、自分は手にできないとトーリンに認識させると良いでしょう。

執着先が無くなってしまえば病の進行は止まり、自然と治まる可能性があります。

アーケン石は目の前で破壊、財宝は溶かしたり誰かにあげたりなどの対応をとれば治せるのではないでしょうか。

絶体絶命の状況下で孤立させる

孤独な男、座っている

物語でトーリンが竜の病から目覚めたのは、ドワーフ軍が闇の大軍勢に不利を強いられたタイミングでした。

同時期にトーリンは旅の仲間から非難を浴び、彼は自問自答するようになります。