彼は究極的にはそのように世の中を変えたかったのかもしれません。

そしてその役割を果たすバトンはイライジャの母、ケイシー、ジョセフの三人に引き継がれたのです。

謎の組織の正体

clover

この物語では謎の組織が正体を現します。ステイプルもそのメンバーの一員のようです。

その組織に関しては名称を含めて具体的に語られることはありませんが、結構な組織力と力は持っていうと考えて間違いありません。

構図としてはイライジャと敵対関係にあると見られます。

ステイプルの治療

ステイプルはその組織の指示を受けてイライジャたちの治療に携わっているようです。

ステイプルはイライジャ、デヴィッド、ケヴィンの三人に対して彼らは自分が超人であると勘違いをしていると執拗に迫ります。

つまり、この組織はイライジャたちのような通常の人間以上の能力を持つ者を排除することを目的としているのです。

ステイプル自らが語っているように、飛び抜けた人間を排除することによって世界を平準化し穏やかにしたいのでしょう。

ここまで大がかりな施設を作るということは、実はイライジャたちが決して珍しい存在ではないことも示しているのではないでしょうか。

これまでにもイライジャたちのような超人がここで治療を受けていた可能性が極めて高いのです。

三つ葉のクローバーの意味

この組織のメンバーは手首にクローバーの入れ墨を入れています。それは四つ葉のクローバーではなく三つ葉のクローバーです。

四つ葉のクローバーは珍しい存在で、幸せをもたらすシンボル的存在としてよく知られています。

一方で三つ葉のクローバーはどこにでもある平凡な存在です。

この三つ葉のクローバーはこの組織の目的を端的に表しているのではないでしょうか。

珍しいものを廃して世界を平穏な普通の状態に保つということ象徴しているのです。

一方クローバーには「幸運」という意味の他に「復讐」という意味もあります。

であれば、この組織のメンバーがイライジャによる大量殺人の犠牲になった被害者の関係者である可能性に思い至るのです。

この組織がイライジャに対する復讐を目的として設立されたというのは考えすぎでしょうか。

ステイプルの絶叫

ステイプルはまんまとイライジャの計画に乗せられて、施設内で闘うデヴィッド、ケヴィンを映像に撮ってしまいます。

しかも削除したはずの映像をイライジャによって全世界に公開させてしまいました。

彼女がそれを知って絶叫したのは自分の敗北を知ったことに加えて、やがて全世界に起こるはずのことが念頭に浮かんだからではないでしょうか。

ヒーローの芽が世界中に蒔かれてしまい、イライジャ、デヴィッド、ケヴィンのような超人が次々と出現してしまうのです。

ヒーローは実在するのか

Cポスター/ダン写真A4Ph10ミスター・ガラス光沢 width=
この物語の結論は「ヒーローは実在する」です。イライジャの想定は正しかったといえます。

彼はそれを確認して、「自分の存在は無駄ではなかった」と母に告げた後絶命したではありませんか。

実はステイプルたちもヒーローは実在すると信じていた可能性が高いのです。

だからこそ、あのような大がかりな施設を作り、必死で彼らの存在を抹殺しようとしたのでしょう。

潜在的能力

ヒーローのような超人は先天的な要素に加えて、後天的に何らかの物理的・精神的な影響を受けることにより特殊な能力を獲得するようです。