田舎暮らしを考えていない人でも、日々の生活に疲れた時に再度見直してみるのはいかがでしょうか。