殺人事件や悲惨な死が相次ぐ中で、アントワーン・フークワ監督はアクションの中にも「心の均衡は難しい」と訴えかけたかったのでしょう。