注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【言の葉の庭】雪野が裸足で走り出した理由を徹底解説!「嫌いでした」という告白がもたらした結末はハッピー?それともバッド?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00BQA8I66/?tag=cinema-notes-22

新海誠監督は『君の名は。』の大ヒットにより日本を代表する有名アニメ監督に仲間入りしました。

『言の葉の庭』は、新海監督が『君の名は。』のひとつ前に制作した作品です。

2013年に公開され、上映時間46分という短い時間で新海ワールドがあますところなく発揮されました。

雪野が裸足で走り出したのは、どんな思いがあったからでしょうか。

そして気になる映画の結末はハッピーエンドといえるものなのか、名作『言の葉の庭』を考察していきましょう。

雪野が裸足で走り出した理由

小説 言の葉の庭 (新海誠ライブラリー)

孝雄を1度突き放したのに、雪野はすぐに彼を追いかけました。

なぜ雪野は走り出したのでしょう。

雪野は自分を押さえていた

雪野はずっと泣けませんでした、武装をしてきたからです。

自分の心をきつく絞めつけるフォーマルな服を着て高いヒール、化粧をして、武装を解こうとしませんでした。

世界に認めてもらい仲間に入れてもらうために、雪野には必要な武装だったのです。

大人として教師として女性として、世界の内側からはみ出してはいけないという気持ちのあらわれでした。

ユキノは裸足で「世界の外」に走り出した

孝雄に好きだと言われ、それを教師としての武装ではねのけたと雪野は気づきました。

武装ばかりに目を向けていたので、今まで自分の心に気づかなかったのです。

雪野はやわらかな心を守るために内側に閉じこもっていました。

しかし孝雄を失いたくないという想いがこみあげて、素足のまま外に走り出さずにはいられなかったのです。

世界の外側に自分から走り出していく……

つまり、大人や教師や常識という枠を超えて素のままの自分で孝雄にぶつかろうとしました。

雪野が走り出したのは、それまでの押さえていた心が一気に解き放たれたからです。

心を解き放つカギとなったのが、劇中で詠まれた万葉集でした。

雪野の想いは歌で伝えていた

言の葉の庭 キャラファインアクリル『藤棚』

劇中にはストーリーの軸となる万葉集が登場してきました。

歌を読み解くことで、雪野と孝雄の気持ちが表面に現れてきます。

出逢った時に雪野が詠んだ歌

鳴る神の、少し響(とよ)みて、さし曇り、雨も降らぬか、君を留めむ

引用:言の葉の庭/配給会社:東宝映像事業部

雪野は孝雄に出会ってすぐこの歌を孝雄に残しています。

雷が少し響いて、曇りそして雨が降ればあなたともう少しいれるかしら……。

この万葉集の歌は問いかけの歌となっています。

雪野は孝雄と出会った時から、何となく彼が気になる存在だったのでしょう。

そして、おそらく孝雄にはすぐ解けないであろう万葉集の歌を残しました。

返しの歌を待っていたはずの雪野

雪野は万葉集の歌を残し去った日以降も、何度か孝雄と会っています。