注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【サイレン(ネタバレ)】人魚の像に掘られた言葉の意味を解説!結末につながる伏線はどこにあった?「サイレン」は何を指すのか

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00F2ZWZ3S/cinema-notes-22

独特なグロテスク表現とまとわりつくようなホラー表現が人気のゲームシリーズから映画化した「サイレン」。

他のホラー系映画の例に漏れず、本作も様々な伏線と謎解き要素が魅力です。

今回は、そんな「サイレン」の謎に迫っていきます。

原作からわかる背景

SIREN MANIACS(サイレンマニアックス) サイレン公式完全解析本 (The PlayStation2 BOOKS)

映画「サイレン」には、作中で語られない設定があります。

それが、原作であるゲームシリーズで重要な背景として語られている人魚伝説です。

人魚伝説という前提

「サイレン」の作中には人魚の像が登場します。

独特な存在感を放っていますが、原作の人魚伝説について知らないと、なぜ人魚の像が意味ありげに登場するのかが分かりません。

また、登場人物の1人である赤い服の少女の正体について考察する際にも、人魚伝説の設定が重要になります。

原作で語られる人魚伝説は、以下のようなものです。

元々島は、不治の病などを患った人達が捨てられる場所であった。

ある時そこに訪れた人魚は彼らを哀れみ、自らの血で彼らの病を治し、完治した人々は人魚に感謝し、神様のように崇めた。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/SIREN2

上記から、人魚によって人々が救われたことが分かります。

しかし時が経つにつれ人々に「欲」が生まれ、『不老不死』の力を求めるようになり、今まで救ってもらった人魚を捕らえ、その肉を喰らった。

人魚は人間に絶望・憤怒し、自らの血肉を以って島全体に【呪い】をかけ、島民は全滅した。

人間を憎しみ貫いた人魚は今も島のどこかで生き続け、呪いは今も続いているという。

出典元:https://ja.wikipedia.org/wiki/SIREN2

人間の欲望に人魚は怒り、呪いによって島民を全滅させたわけですね。

作中では、過去に島で起きた島民の消失事件の真相が、異常をきたした土田圭による島民の皆殺しであることが明かされています。

土田にもサイレンが聞こえたわけですが、サイレンの語源は人魚を意味するセイレーンです。

つまり、サイレンが見せる悪夢という形で、人魚の呪いが続いていると解釈することができます。

人魚の呪いから見る本作の結末

SIREN2
本作は、最後に南田が由貴に刺され、殺される場面で終了します。

なぜ由貴は、南田を殺してしまったのでしょうか。

土田と由貴に共通するのは、4度目のサイレンが鳴り響いた際に殺人を犯しているということです。

由貴は3度目のサイレンで異常な妄想を見て恐怖心に駆られ、自殺を図ります。

サイレンで見る妄想に共通点があるのであれば、土田も3度目のサイレンで恐怖体験をしたのでしょう。

そして4度目のサイレンで、恐怖の対象を消すために、島民を皆殺しにしたわけですね。

由貴も同じように、4度目のサイレンをトリガーにして、目の前の恐怖を排除する行動に出たのでしょう。