注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(ネタバレ)】真の宝を徹底解説!なぜ今さら新婚旅行なの?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07TYMMFPQ/cinema-notes-22

平成最後の劇場版作品である『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』

クレヨンしんちゃんの映画は、ギャグが満載でありながら、常に家族の絆もしっかりと描いています。

しかし、本作では家族の絆以外にも夫婦の絆についても描かれていることにお気づきでしょうか。

今回は、野原一家がみつけた真の宝が何なのか、なぜ今さら新婚旅行なのかを解説していきます。

冒険の先に見つけた真の宝とは

本当のお宝はエメラルドではない

【 映画グッズ 】 クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〈 クリアファイルセット 〉

野原一家にとって魅惑のエメラルドは宝ではありませんでした。

野原一家にとって真の宝物とは、家族であり家族との絆だったのです。

それを改めて感じられたのが、本作での冒険でした。

宝とは何かを教えてくれるひろし

ラストで、宝とは何かを語るひろしの言葉に胸を打たれた人も多いことでしょう。

「いいか、しんのすけ。本当のお宝ってのは、人生をかけて夢中になれるもの。好きなものだよ。大人になるまでゆっくり見つけろよ。俺はとっくに見つけてるぜ」

引用:映画クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~/配給会社:東宝

妻や夫、家族とは共に過ごす時間が多いため、日常生活でもその大切さやありがたみをおろそかにしがちです。

それはひろしとみさえも同様でした。

お互いへの不満が知らず知らずのうちに溜まり、家族と思い出をつくるはずの旅行先で不満が爆発しました。

けれども、ひろしが捕らわれたことでパートナーや家族の大切さを実感します。

そして、その絆こそが宝物であると再確認しました。

そんな当たり前だけど大切なことを「宝物」と表現して教えてくれたのが本作なのです。

子どもならではのしんのすけの優しさ

クレヨンしんちゃん

しんのすけは普段お尻を出したり、お姉さんが大好きだったりと5歳児とは思えない行動があります。

また映画では家族や友人、それに世界を救う、尋常ではないパワフルさも見せます。

一方、本作の最後にコアラに対して見せた優しさ

人間だから、動物だからと全く分け隔てのない、子どもならではの純粋な優しさ。

そんな優しさも、しんのすけの魅力といえるでしょう。

放送開始から27年を経ての新婚旅行

なぜ今さら新婚旅行へ?

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~ (アクションコミックス)

家族の大切さの認識はできたけれども、そもそもなぜ今さら家族旅行なのか疑問に思った方もいるでしょう。

クレヨンしんちゃんはアニメを放送してから2019年時点で27年が経っています。

しかし、アニメ版において野原夫妻は新婚旅行に行けていません。

理由は、結婚当時お金がなかったからです。

結婚してからもしんのすけやひまわりの世話などでなかなか時間がとれなかった二人。

このように結婚して時間が経ってから新婚旅行に行く夫婦は、現実でも珍しくありません。

子供が生まれた後に行くという夫婦もよくみられます。

アニメの放送開始から考えると今さらという感じもありますが、設定を考えると決して不自然ではないのです。

実は新婚旅行に行っていた

クレヨンしんちゃん : 6 (アクションコミックス)

とはいえ、アニメ版では新婚旅行に行っていないという設定でしたが、マンガ版では異なります。

マンガ版では、野原夫妻は新婚旅行に行っていたのです。

新婚旅行として埼玉県を一周した、と単行本6巻で描かれています。

クレヨンしんちゃんのコアなファンで、このことに気付いている人は多いです。

今までの映画版とは異なる魅力

ひろしとみさえの関係性

クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたヒロシ~ チャーム みさえ ひろし 2点セット

本作が今までの映画版と異なる点は、ひろしとみさえの夫婦としての関係が描かれている点です。

『クレヨンしんちゃん』はタイトルの通り、しんのすけが主人公です。

そのため、ひろしとみさえは基本的に両親としての描かれ方をします。

しかし今回は「新婚旅行」なので、ある意味主役はひろしとみさえであり、夫婦の関係が強調されています。

この描かれ方はこれまでの映画版にはなく、更にみさえが主に活躍する映画も初めてです。

みさえはしんのすけやひまわりの母親であると同時に、ひろしの妻であり、そして一人の女性なのです。

そんな当たり前だけど見落としがちな大切なことも、今回の映画を観ればわかります。

家族でみるもよし、夫婦でみるもよし、恋人とみるもよし、母親がみるもよし。

幅広く人の心に届くのが本作なのです。

ほとんど描かれることのない夫婦の関係

ハルノヒ【初回生産限定盤(クレヨンしんちゃん盤)】(特典なし)

結婚をする前はアツアツだったけど、結婚や出産を機にだんだんと二人の温度感が下がった。

そんな現実的な設定が、野原一家にもあります。

だからこそ、みさえは激安ツアーでの新婚旅行を提案しました。

ひろしもみさえに喜んでもらうために、踊ったり、花束を用意します。

父親や母親としての描かれ方がほとんどのひろしとみさえが、お互いを喜ばすための行動をしている。

本作が更に魅力的なのは、結婚後改めて初心を取りもどそうとする二人が、白々しく描かれていないことです。

観ている側も自然と二人の行動や気持ちに共感できるうえ、観ている側が恥ずかしくなる演出もありません。

もちろん父親と母親の面も

もちろん、ひろしとみさえの父親と母親の面もしっかりと描かれています。

特に、ひろしがお姫様と結婚する、と家族の前で宣言したシーンには注目です。

なぜなら、そのシーンではひろしとみさえのそれぞれの家族の守り方が描かれているからです。

ひろしは自分を犠牲にし家族を巻き込まないことで、家族を守ろうとしました。

みさえは家族皆で団結することで、家族を守ろうとしました。

二人の守り方の違いは性格によるものなのか、それとも男女の違いによるものなのか。

いずれにしても、ひろしとみさえがどちらも深く家族のことを想い、守らんとする姿が描かれました。

ひろしとみさえの夫婦の姿が描かれるのも新鮮でした。

しかし、しんのすけやひまわり、お互いを想う親としての二人は更に魅力的に映ったのではないでしょうか。

名作のパロディシーンも見所!

『クレヨンしんちゃん』の面白さの一つにパロディシーンの多さがあります。

そのパロディは実在の人物もあれば、日本の人気アニメや漫画、それにハリウッド映画まで多岐にわたります。

今回も、全世界で人気を博したハリウッド映画のパロディシーンがあったことにお気づきでしょうか。

何の作品のパロディがあったのかみていきましょう。

インディジョーンズを彷彿とさせるシーン

インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》 (字幕版)

一つ目の作品は『インディ・ジョーンズ』です。

トレジャーハントのつながりで使われました。

『インディ・ジョーンズ』は、まさしくトレジャーハント系の映画ではトップクラスの人気と知名度です。

具体的にどの部分がパロディだったのでしょうか。

  • 副題『失われたひろし』が、『インディ・ジョーンズ』シリーズ第一作目『レイダース/失われたアーク』からきている。
  • しんのすけの武器がムチなのは『インディ・ジョーンズ』シリーズの主人公がムチを愛用しているから。
  • 「インディ・ジュンコ」の名前。
  • トロッコのシーン。

などです。

コアな『インディ・ジョーンズ』ファンの方はもっと思い当たる点があるかもしれません。

そういったパロディシーンを探すことも、本作の楽しみ方の一つです。

マッドマックスのシーンも必見

マッドマックス 怒りのデス・ロード(字幕版)

もう一つパロディシーンに使われたのが『マッドマックス 怒りのデス・ロード』です。

使われているシーンは非常に限られていました。

しかし『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を観た方は、荒野を列車と装甲車が駆け抜けるシーンで気づかれたことでしょう。

もちろん『クレヨンしんちゃん』流のアレンジはありました。

しかし音楽や絵はマッドマックスを彷彿させるのに充分でした。

今回も豪華な特別ゲスト

ハルノヒ【通常盤】(特典なし)

映画クレヨンしんちゃんでは、ゲスト声優や主題歌に注目が集まります。

本作の、主題歌はあいみょんの『ハルノヒ』

『クレヨンしんちゃん』の大ファンであるあいみょんが、本作のために書き下ろしたのが『ハルノヒ』です。

歌詞の節々に本作が思い浮かぶフレーズがあり、更に日常生活の素晴らしさも歌われています。

本作を観ていない人でも好きになれる、本作を観た人はもっと好きになれる、そんな歌です。