注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【千と千尋の神隠し】物語に潜む多数の謎を徹底考察!ハクやカオナシという存在に込められたメッセージをひも解く

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00K73479A/cinema-notes-22

宮崎駿監督の代表作と表現しても過言ではないほど日本国内だけでなく、世界中から注目された作品の1つが『千と千尋の神隠し』です!

世界でもさまざまな賞を受賞し、高い評価を受けている作品は今もなお老若男女問わずに愛され続けています。

今回は日本国内のみならず世界でも鑑賞され続けているこの映画の魅力をじっくりとご紹介しましょう!

『千と千尋の神隠し』のあまり知られてない秘密

70ピース 千と千尋の神隠し 新しい友達

まずは『千と千尋の神隠し』の謎に迫る前に知っておきたいトリビアをご紹介します。「何度も鑑賞している」という人も情報を目にすると新たな発見があるかもしれません!

『千と千尋の神隠し』の誕生秘話

宮崎駿監督は、普段の生活においても知人のお子さんたちを「小さな友人」と慕って交流を大切にしているそうです。

そんな背景から、本作品は主人公である千尋と同世代の「小さな友人」たちに贈るために制作されました。

作品には「大丈夫、あなたはちゃんとやっていけるよ」という本気のメッセージが込められていると監督も説明しています。

他にも監督は厳しさの中にも美しさが広がる描写とともに「この世界がどれほど豊かで、多くの可能性があるかを描きたかった」と作品誕生の背景を語っています。

「小さな友人」たちのための作品

宮崎駿監督は『千と千尋の神隠し』を「小さな友人」に喜んでもらえるように、主人公である千尋を彼らと同世代のどこにでもいるようなごく普通の女の子としてデザインしています。

そのため作品では、よりリアルな子どもの反応や思想が伝わり、臨場感あふれる描写で千尋をはじめとするキャラクターに親近感がわいてきます。

油屋のデザインモデル

千尋の冒険の舞台の1つとして日本文化を分かりやすく凝縮したようなデザインの湯屋である「油屋」が描かれています。

実はこの「油屋」は、道後温泉本館、渋温泉金具屋、四万温泉積善館(群馬県)、旅館・鬼怒川「あさや」など日本に実在する温泉宿、日光東照宮など宮崎駿監督が訪れた建築物がモデルとされているのです。

そのため、作品中では油屋は独創的かつ印象的なデザインに仕上げられ、温泉や日本の建築物・美術の美しさだけでなく、おもてなしや食事までもリアルに描かれています

湯屋は風俗店?

208ピース ジグソーパズル 千と千尋の神隠し 不思議な町便り アートクリスタルジグソー(18.2x25.7cm)
作品の中で千尋は「湯女」として「油屋」で働くことになります。しかし、この「湯女」というのは実は遊女という意味があるのです。

「小さな友人」たちのための作品は、風俗産業を舞台に描かれているという衝撃的な秘密が含まれています

しかし、宮崎駿監督が「小さな友人」たちのための作品にあえてこの舞台を選んだ理由を探ってみると非常に難題な現実問題を訴えていることに気付きます。

悲しいことに世界中で学校に行けずに就労している子どもたちもいれば、貧困問題から逃れらずに生きる手段として誤った道へと進むしかない子どもたちもいます。

厳しくも美しく愛のあふれるかたちで千尋が成長していくストーリーの背景には、大人たちが取り組まなければならない世界的な社会問題が訴えられているのです。

トンネルの正体は?

千尋たちは森の中にあるトンネルを抜けたことにより油屋の世界に辿り着きました。トンネルというと子供の時には結構怖いイメージを持っていた方も多いのではないでしょうか?

現実世界と銭湯にゆっくりしている八百万の神々の世界をつなぐトンネルですが、千尋がくぐる時の行きと帰りでトンネルの色が違っています

冒頭で建築関係の仕事をしている千尋の父が、トンネルは「モルタル製」だと話すシーンがありましたが、帰りのトンネルを見ると石造りになっていることが分かります。

トンネルが変わってしまったのでしょうか。

このトンネルには行きは特別な魔法がかけられており、違う見え方をしていたのだと考えられます。

つまり帰りは元のトンネルに戻っており、戻ろうとしても戻れない状態にあったということです。

ハクが千尋に言ったようにトンネルを抜けるまでは振り向いてはいけないというのは、この魔法が関係しているわけではなく、純粋に千尋には自分を信じてこれからの人生を歩んでいってほしいというメッセージと解釈できます。

物語に潜む多数の謎

300ピース ジグソーパズル 千と千尋の神隠し さよなら油屋 (26x38cm)
この物語は主人公は10歳のどこにでもいる「ごく普通の女の子」である「千尋」が引っ越しの途中で、不思議な世界に迷い込んでしまうことからはじまります。

『千と千尋の神隠し』のストーリーは神々を癒す湯屋が舞台で、さまざまな出来事や仲間との関わりを通して頼りなかった千尋が大きく成長していくストーリーです。

現代っ子の「千尋」をヒロインとして、ハク、釜爺、湯婆婆、リン、カオナシ、銭婆婆をはじめとする個性豊かなキャラクターが登場しています。

この映画を鑑賞すると「あれ(表現)はどういう意味?」「どうしてこのように描写されたの?」と疑問に感じる場面も多くあります。

こちらでは数ある「物語に潜む多数の謎」の中から、今回は「ハク」「カオナシ」に焦点を絞って謎と込められたメッセージについて迫っていきましょう。

きっとこれを理解できれば作品をより深く楽しめるに違いありません!

「ハク」

300ピース ジグソーパズル 千と千尋の神隠し 夜が来た(26x38cm)

ハクは千尋が不思議な世界に迷い込んでしまう作品の冒頭から、何も分からずに怯える千尋の力になる謎めいた少年です。

こちらでは、謎に包まれた少年「ハク」に込められたメッセージについての考察をご紹介しましょう!

「ハク」のキャラクター

魔法使いの見習いとして湯婆婆の弟子という立場で湯屋の番頭として帳場を預かって油屋で働き、湯婆場にとっても重要な存在として描かれています。

対照的な顔をもつ

ハクは「千尋を助ける心優しい少年」「湯婆婆の手先として人を寄せつけない冷淡な番頭」として対照的な顔をもつのが大きな特徴です。

そんなハクは作品の中盤からは「白龍の姿」でも登場し、作品を通して多くの謎を秘めながら重要な役割を担う存在として描かれています。

はじめて『千と千尋の神隠し』を鑑賞したときには「どうして”白龍”?」と思われた人もいるかもしれません。

次章では、その謎に迫ってみましょう!

「ハク」も名前を取り上げられていた

白龍としての姿ももつ「ハク」も実は千尋と同様に湯婆婆との契約で名前を取り上げられ、自分の名前もすっかり忘れてしまったことが作品の中でも明らかになっています。

「ハク」の正体

千尋は小さな頃、川に落ちた時に助けられたという出来事を母から聞いたことを思い出します。

さらに千尋が幼い頃に住んでいた家の近くを流れていたその川は「コハク川」という名前であったことをハクに伝えました。

このことで、彼が失っていた全ての記憶が一瞬にしてよみがえります。

そう、ハクの正体は「ニギハヤミコハクヌシ」という名をもつ「川の神様」だったのです!

白竜は「神様の姿」

300ピース ジグソーパズル 千と千尋の神隠し 迎えにきたハク(26x38cm)

ハクは湯屋では「少年」の姿として、湯屋を離れるときには「白竜」の姿として描かれています。

作品中には、姉役のリンと力を合わせて別の川の神様を助けるシーンがあります。

その時もヘドロの様な姿をした神様がお湯できれいになった後には姿を変えて飛んで行くことからも「白竜」は神様としてのハクの姿といわれているのです。

「ハク」の存在が訴えるメッセージ

300ピース ジグソーパズル 千と千尋の神隠し 本当の名前(26x38cm)

本作品の鑑賞中には「川の神様」であるハクがこの世界に留まり、湯婆婆の元で働くのか不思議に感じた人も多いことでしょう。

しかし、作品の終盤でハクの正体である「ニギハヤミコハクヌシ」が守る「コハク川」は住宅建設のために埋め立てられて無くなってしまったという悲しい事実も千尋の記憶から明らかになります。

現代への警鐘と問題提起

正に「ハク」は、愚かな人間の都合で昔から守られてきた自然が破壊され、日本に800以上もいると信じられてきた神様も大切にすることができなくなりつつある時代へ警鐘を鳴らし問題提起をする存在なのです。

千尋の発するたった一言であっても、「ハク」が神として守った川が無くなってしまったという衝撃は多くの人の心に残っていることでしょう。

「カオナシ」

千と千尋の神隠し 箸置き ふり向きカオナシ

「カオナシ」は、つかみどころがなく存在感の薄いキャラクターとして冒頭は描写されています。

しかし、ストーリーでは存在感を増していくミステリアスなキャラクターとして登場しています。

こちらでは、奇妙な存在感と謎を秘める「カオナシ」に込められたメッセージについての考察をご紹介します。

「カオナシ」のキャラクター

カオナシは、お面に黒い影を帯びたような異様な雰囲気をかもし出す存在として描かれています。

お面には表情がなく、言葉も「ア」や「エ」などの短い声を出すだけであるため、コミュニケーションを取ることはできません。

「カオナシ」の特徴

カオナシは、自分の欲するものを手から出すことができる能力で他人を魅了し、それを罠に人などを呑み込むことで声を借りて話すことができるようになるのが特徴です。

作品の冒頭で千尋に出会ったときから彼女を欲するようになり、作品を通して奇妙な存在感のあるキャラクターとして描かれています。

「カオナシ」の正体

カオナシは他のキャラクター同様に人間界とは違った由来があり、中身は土の塊で姿を消すことができるなど不思議な力を秘めた存在とされてます。

手から自分の欲するものを出したり、姿を消すことができたり、他人を飲み込むごとに声や体型を変化させることができるなど多才な能力をもちます。

なのにも関わらず、本性はつかみきれないというとても不安定でミステリアスな存在でもあるのです。

「カオナシ」のモデル

作品中では印象深い奇妙な存在として描かれるカオナシは「人間の欲望の塊」「悪魔」などと憶測されてきましたが、宮崎駿監督は「カオナシは誰の心の中にいるもの」と説明しています。

さらに監督は、作品についての説明の中でカオナシは「現代の若者をイメージしたもの」とも加えています。

「コミュニケーションをとることができない(または苦手)」「誰かとつながりたいけれど、つながれずにいる」「問題はお金で何でも解決しようとする」「気に入らないことがあればすぐに暴れる」というような特徴をもつ存在として描かれているのです。

若者に限らず現代社会の問題を象徴するような存在としてカオナシを登場させることで、社会に潜む問題の大きさを訴えているようにも感じられます。

「カオナシ」に込められたメッセージ

108ピース ジグソーパズル 千と千尋の神隠し 海原鉄道(18.2x25.7cm)

本作品で重要な鍵となるのが「名前」です。千尋が湯婆婆との契約を交わす場面からも理解できるでしょう。

監督が本作品を企画した際のテーマの1つとして「言葉の力が軽んじられている現代にて”言葉は意志であり、自分であり、力”である」ということを掲げていました。

このテーマに基づいて製作された本作品の中で自ら言葉を話すことのできないカオナシは「言葉を話すことができない=意志がない=自分がない」存在として描かれています。

カオナシの特徴や存在は「自分の意志がなく無気力で定まることのできない不安定な人々の増加」や「誰かとつながりたいけれどつながれずに孤独が静かに深まる社会の闇」をリアルに伝え、その大きな問題への警告ともとらえることができるのです。

カオナシが出した砂金は最初から土塊

湯婆婆がバスローブを着て砂金を山積みにしていた場面で、一粒手に取りその輝きを見て一瞬ニヤリと微笑むシーンがあります。

この描写でいかに湯婆婆が金に取りつかれているかが分かります。

そして湯婆婆は、手塩に掛けて育てていた大きい赤ちゃんの”坊”が、姉の銭婆の魔法により変化させられている”ダルマ3兄弟”だったことを、ハクのおかげで知ります

そこでやっと湯婆婆は目が覚めたのかもしれません。

目に見えるもの全てが現実ではないと知り、砂金だと思っていたのは偽物だと分かったのでしょう。

心情の変化から砂金は元の土塊に戻っていったと考えられます。

両親はなぜ豚になってしまったのか?

さんけい スタジオジブリmini 千と千尋の神隠し 両親、豚になる ノンスケール ペーパークラフト MP07-56

映画の冒頭に訪れる突然の悲劇…それは千尋の両親が得体のしれない食べ物を食べて豚になってしまい、言葉も失ってしまったことです。

なぜ両親は「豚」になったのでしょうか?他にも生き物は色々いるので「豚」にこだわる理由はあったのでしょうか?

実はこの「豚」にもスタジオジブリからのメッセージが隠されていました。

宮崎監督の思い

『千と千尋の神隠し』には、現代を生きる子供たちへ生きる力を身につけてほしいという監督の願いが込められています。

この映画を簡単に要約すると美少女でもなく、特別な心の持ち主でもない、10歳の娘である千尋が突然不思議な世界に投げ込まれ、修行し、友愛と献身を学び、智恵を発揮して生還する物語です。

「抜き差しならない関係の中で危機に直面した時、本人も気づかなかった適応力や忍耐力が湧き出し、果断な判断力や行動力を発揮する生命を、自分がかかえている事に」         

引用:『千と千尋の神隠し』劇場用パンフレット

宮崎監督がこのようにコメントしており、千尋と同じ年頃のすべての子どもたちに向けての映画だと分かります。

豚=人間

千尋の両親は料理を食べてすぐに豚になるのではなく、徐々に豚になっていきました。

そして千尋も名前を奪われてしまい徐々に名前を忘れてしまっています。

そして豚になってしまった人たちは、人に戻ることはなく、身体も心も豚になっていってしまいます。

これはこの映画の世界だけではなく現実の世界もそうです。

宮崎監督はこの描写に関しては、バブルの時代に本当に豚になってしまったような人がいて、今でも自分が豚になってしまっていることに気がつかずに、不景気だ、エサが足りないと言い続けているのと同じだと説明しています。

最後の試練

そして最後に湯婆婆から、この豚の中に両親はいるかと質問されます。見事に千尋はこの豚の中に両親がいないことを当てます。

千尋がこの答えに辿り着いたのは、特別な力だったのでしょうか?

そうではなく、冒頭の千尋にはなかった生きる力を身につけたので正解したのです。

数々の危機を乗り越えた千尋だから分かったのでしょう。

映画を見ている子どもたちも様々な危機を乗り越えて周りの大人に騙されず正しい目を持ちなさいというジブリからのメッセージが込められています。

成長したのは千尋だけじゃない!

湯婆婆はお店の従業員にはとても厳しいのに、自分の息子の坊にはとにかく甘く、溺愛しています

あまりにも溺愛しているため外の世界に出したくないという勝手な理由で、坊をぬいぐるみなどが積まれた豪華な部屋から出られなくしてしまいました。

「こんなところにいた方が病気になるよ!」

引用:千と千尋の神隠し/配給会社:東宝

坊が千尋に言われているシーンがありましたが、まさに千尋の言う通りだと思います。

「お遊びしないと泣いちゃうぞ」「こんな手はすぐ折っちゃうぞ」

引用:千と千尋の神隠し/配給会社:東宝

湯婆婆もまた、豊かであればいいという価値観だけを子どもに与え続けてしまった結果、坊は幼児性が残り凶暴性のある子供になってしまったのだと思います。

これも湯婆婆の間違った愛情から生まれてしまった悲劇です。

しかしそんな坊も終盤でネズミの姿になって千尋と様々な冒険を経て、湯屋に帰ってきたときには自分の意見を持つようになり見違えるほど成長していました。

邦画の興行収入不動の1位

千と千尋の神隠し [Blu-ray]

2016年に映画『君の名は。』が大ヒットしましたが、それでも『千と千尋の神隠し』を抜くことはできませんでした。

この映画は日本の映画で歴代興行収入最大の308億円を記録しており、日本映画史に残る金字塔になっています。

もちろんジブリの中でもダントツの人気になっています。

ヒットの要因

なぜ『千と千尋の神隠し』はここまでの爆発的なヒットになったのでしょうか?

実はプロデューサーの鈴木敏夫さんの提案で、前作の大ヒット映画『もののけ姫』よりも宣伝費を倍にしたことが要因とされています。

初の試みとしてコンビニエンスストアのローソンと初めて本格的にタイアップしてキャンペーンを展開することになりました。

それにより全国7000の店舗で大々的に告知をして、約32万枚の前売り券を売り上げることに成功しました!

ジブリの宣伝チームも本来であれば行かない地方の町にまで訪れるなど、ローラー作戦をかけたことが爆発的なヒットを生み出しました。

そしてもうひとつ『もののけ姫』のヒットで1400万人を超える新規顧客を開拓していたこともあります。

加えてその当時全国的に普及したシネマコンプレックスで、人気の作品を映画館の複数スクリーンで上映できる体制が整ったことも大ヒットの要因のひとつに挙げられます。

初の快挙!

観客動員数と興行収入ともに日本記録を更新し続ける宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』は、第52回ベルリン国際映画祭でグランプリに値する金熊賞を受賞したことも話題になりました。

長編アニメーション作品がグランプリを受賞するのは、ベルリン国際映画祭だけではなくカンヌ、ベネチアを合わせた世界3大映画祭において初の快挙です。

いかにこの映画が日本だけではなく世界的にも評価されているかが分かります。

本作でブルーリボン賞を始め数々の映画賞を受賞している宮崎監督は「盆と正月とクリスマスが一度に来た気分」と大変満足そうにコメントをしていました。

そしてもうひとつ「受賞は僕がやってきたことが認められたという証にはならないし、それよりも子どもたちが喜んでくれるかどうかが大切」と話しており、いつも通りの観客思いの姿勢を一貫している宮崎監督でした。

未だに愛される作品

そしてこの記録的なヒットが起きたのは2001年。本国・日本での公開から18年の時を経て、中国本土で2019年6月21日(金)より『千と千尋の神隠し』が上映されました

中国でも記録的なヒットになっているようですので、ますます世界的にこの映画が知られることになるでしょう。

千尋役を演じている柊瑠美さんの声もすごく心に入ってくる心地のよい声なので、千と千尋のファンになる方が多いのかもしれませんね。

込められたメッセージに注目して鑑賞してみよう!

300ピース 千と千尋の神隠し 再会の約束 AM300ー224

今回は『千と千尋の神隠し』について詳しくご紹介しましたがいかがでしたか?「もう1度この映画を観たくなった」という人もいることでしょう。

この映画は特に鑑賞する人によって捉え方も考察も異なり、鑑賞するごとに魅力を増していく作品の1つです。

ぜひこちらの記事を参考に鑑賞し、これまで以上に『千と千尋の神隠し』の世界を楽しんでみてください!