注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉】過去作との違いを徹底解説!獠の年齢は?あえて古さを残した理由とは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07W8LBDYS/cinema-notes-22

2019年、あのシティハンターが映画館で蘇りました。

予想を超えた人気で、舞台となった新宿にあるTOHOシネマズでは1億超えの復興収入があったのです。

あえて古さを残したことが、結果的に爆発的な人気を呼んだようです。しかし、なぜあえて古さを残したのでしょう。

更に、気になる冴羽獠の年齢過去作品との違いを徹底比較していきます。

アラフォー世代にはたまらない「劇場版シティハンター〈新宿プライベート・アイズ〉」をじっくり紐解いていきましょう。

過去のシティハンターとの違い

<br /> 劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>(完全生産限定版) [Blu-ray]劇場版シティハンターは実に20年ぶりにファンの前に姿を現しました。

古さをあえて残した作風が人気を呼んでいますが、時代の流れには逆らえないシーンも……。

あの伝言板がない

シティハンターといえば新宿駅にあった伝言板が定番アイテムです。

当時、黒板に「XYZ」の文字を書いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

以前は黒板にチョークで描かれた「XYZ」の文字こそ、シティハンターとの連絡手段だったのです。

しかし、今回は香や獠が伝言板を見に行くというシーンはありませんでした。

残念ながら、掲示板はあまりにも連絡手段として現実社会とのギャップが大きかったということでしょうか。

しかし、ラストに冴子が設置した掲示板に書かれた文字「XYZ」を観た時、あまりの嬉しさに観客席から声が漏れていました。

スマートフォンが登場

伝言板が消えてしまった代わりに、劇中ではスマホアプリを使用していました。

時代の流れをしっかり取り入れた部分です。

古きを残しつつも、現代社会に溶けこむよう不自然ではない設定を取り入れています。

今作品で自然に使用されているスマホですが、TVで放送されていた時代(1987年~)はスマホアプリなど世にない時代でした。

武器が進化している

タナカ コルト パイソン .357マグナム 6インチ Rモデル スチール フィニッシュ モデルガン完成品

冴羽獠の愛用武器といえば「コルト・パイソン357マグナム」です。

コルト・パイソンは、1955年にコルト社が「.357マグナム弾を発射できる」高級リボルバーとして発表した。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/コルト・パイソン

今作品では、旧作よりアップデートされたコルト・パイソン357マグナムを使用しています。

この他にも、劇中に登場するライフルや発射装置など数々の武器が、アップデートされて登場しています。

また敵が使用していたドローンなども昔はなかったものです。

シリンダーを戻すアクションが消えた

よりリアルに銃の扱い方を描いたということでしょう。

以前の冴羽獠は、手首にスナップをかけて銃のシリンダーを戻していました。

いかにもプロっぽいと感じていたものです。

しかし今回の作品の中では、一度もシリンダーを戻していません。

あのワンアクションがカッコよかったのに、と嘆くファンも多いようです。

そこで、なぜあの人気のシーンが使われなかったのか調べてみました。

すると、劇中で銃器設定監修をしている金子氏のツイッター(上記)に詳細が書かれていました。

確かにプロのスナイパーがわざわざ精度を下げるアクションをするとは思えません。

更にコルト社によると1999年に「コルト・パイソン357マグナム」の生産は打ち切りになっています。

獠は替えの効かない銃を大切に扱うようになった、とも考えられますね。

話題のカメオ出演

「キャッツ❤アイ」Compact BD-BOX [Blu-ray]