注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【モンスター(ネタバレ)】真の意味でのモンスターとは何を指すのか徹底解釈!アイリーンを作り出した原因を徹底的に考察する

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B00GL1H9CY/cinema-notes-22

実際に存在した連続殺人鬼アイリーンの運命を描いたサイコホラーサスペンス【モンスター】。

世界を震撼させた事件を元に作られた本作は、おぞましい殺人を再現しただけでなく、同性愛人間の内面の醜さなども描いた作品でもあります。

公開された2004年は今のようにLGBTへの理解がなかったため賛否両論があり、作品自体が話題になったのは言うまでもありません。

今回はこの【モンスター】について、ネタバレを含みつつ、アイリーンがなぜ連続殺人鬼になってしまったのかを考察します。

さらに本作が意味する、真の意味でのモンスターとは一体何なのかを徹底解釈していきたいと思います。

実在した連続殺人犯アイリーン・ウォーノスの人生

モンスター プレミアム・エディション [DVD]

この【モンスター】という映画ですが、どちらかというと人間の救われなさをイメージした作品となっています。

実際の連続殺人犯の名前が使われていますが、モチーフにされているのには理由がありました。

ということでまずは「アイリーン・ウォーノス」の人生について軽く触れたいと思います。

子供時代

彼女は生まれた時から粗悪な環境でした。

父親は精神病を患い、児童を虐待した事もあったためカンサス州やミシガン州の精神病院に入退院を繰り返した。1969年、13歳の少女に対する強姦罪で有罪となり服役中に自殺した。母親に捨てられたアイリーンと兄・キースは母方の祖父母によって育てられるが、日常的に祖父から肉体的、性的な虐待を受けた。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/アイリーン・ウォーノス

実の父は犯罪を犯した挙句自殺し、母は育児放棄。そして引き取られた祖父母からの虐待の数々やレイプ。

人格を形成する大切な時期に、愛されることはおろかひどい扱いを受けて育ってきたのです。

人は環境によって価値観や物の分別、人に対して抱く感情や言葉の捉え方などが大きく変わってきます。

アイリーンを擁護するつもりはありません。

ただ、彼女が育ってきた環境が少なからず彼女を殺人鬼にしてしまった要因になっているのではないでしょうか。

青年時代

さらに青年時代になると日常的に犯罪を犯すようになります。

飲酒運転中に車から銃を発射し、コロラドで逮捕された。その後ミシガンに戻り、1976年にはバーでの暴力行為で再び逮捕されるが、喉頭がんによって21歳で死去した兄キースの生命保険で罰金を払い、残りの金を浪費した。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/アイリーン・ウォーノス

この他にも何度も逮捕されますが、一向に更生する様子はありません。

どこかで道を外れたとしてもそれを軌道修正してくれる人がいませんでした。

更生するチャンスは与えられたのでしょう。

しかし、彼女を信じて待ってくれる人や彼女自身がこの人の為にも変わらなければと思える家族がいなかったのです。

そんな状態でどうやって更生できますか?

そもそも悪いことだと思っていない彼女を、社会全体が見放したともいえるのではないでしょうか。

連続殺人鬼アイリーンが起こした事件

Serial Killers (True Crime Book 1) (English Edition)

アイリーンは物の分別や善悪の区別がつく前から犯罪の中で生きてきたのです。

その結果、大人になったアイリーンは殺人事件を起こすようになります。

1989年から1990年にかけてフロリダ州で7人の男性を殺害。裁判では当初、その全てについて、売春婦として働いていた時にレイプされた、またはされそうになったための正当防衛だと主張したが、共犯者などが証言をし、のちに罪を認めた。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/アイリーン・ウォーノス

これが今回映画の題材にもなった殺人事件の概要です。

実に6件もの事件で死刑宣告を受けた彼女。女性が7人の男性を殺害するという前代未聞の殺人事件でした。

有罪判決を受けた彼女は、その判決が下された瞬間何を思ったのでしょうか。

最後まで更生することのなかったアイリーン。

その心と思考回路は完全に常軌から外れていたといわざるを得ません。

彼女は犯罪を繰り返すうちに本物のモンスターになってしまったのです。

アイリーンはどうしてモンスターになってしまったのか

そうならざるを得なかった

The Female Homicide Offender: Serial Murder and the Case of Aileen Wuornos

やはり生まれた環境が一番影響を与えていると考えられます。

生きるためにはお金を稼がなければならないですし、心のよりどころが必要な時だってあります。

社会が何も彼女に手を差し伸べようともしなかったのが、アイリーンを社会的罪人に作り上げてしまった要因でしょう。

幼少期からの彼女の人生を見てみると、正常な大人になるとは思えません。

もちろん彼女自身の問題ではあるのですが、それだけで片づけられるような簡単なものではないのではないでしょうか。

「してはいけないこと」をして良いと思っていた

Crazy Ass Women (English Edition)

例えば社会では人を殺してはいけないというのは常識ですがアイリーンの場合は「自分のためならしょうがない」という考えが根本にありました。

むしろ、アイリーンの生きてきた世界では外部のルールなど通用しないという考えがあったのです。

「これをやったらどうなるか」「こんなことを言ったらどう思うか」など、先の予測を立てることが彼女にはできませんでした。

自分以外の人のことを考えるという発想自体が皆無だったのです。

その点がさらに彼女をモンスターに仕上げてしまったのではないでしょうか。

ネタバレ

救われない人生について描いた作品

Conversations with a Serial Killer

タイトルだけではホラーやサスペンスだろうと予想される方もいますが、結論からいうと、単なるホラーやサスペンスではありません。

殺人鬼となった者の救われない人生社会の非情さなどを描いた作品であり、決して怖いというものではなく広い意味で考えさせられる作品です。

だからこそ、実際の殺人犯であるアイリーン・ウォーノスが取り上げられています。

酷い人間関係や環境だけでなく、仲間からの裏切りや何気ない社会からの疎外など…。

いろいろな面から救われない人生を表現しているのです。

モンスターという題名

気になるこのタイトルですが、一般的には【モンスター】は怪物や化け物のことで、人間ではない恐ろしい生物のことを指します。

しかし本作に出てくる登場人物は皆人間です。

タイトルの真意は、連続殺人鬼アイリーンを象徴しているのでしょう。

常に異常であり普通の人間ならばやらないような言動をする者のことを意味しているのです。

そしてこれは、実は主人公だけでなく私たち人間は全員モンスターになり得るという意味を含んでいます。

これが【モンスター】という映画から読み取れるメッセージです。

真の意味でのモンスターとは何を指すのか

私たち人間は、誰でも環境や付き合う人によってモンスターになり得る、と解説してきました。

ここではその理由を、作品の中でモンスターとして現わされている人物と共にお伝えします。

まさに社会の縮図を描いているかのように、身近で誰でもなり得るということがお分かりいただけるかと思います。

アイリーン

Aileen Wuornosの販売: Aシリアルキラーポスター映画27 x 40インチ – 69 cm x 102 cm ) ( 1992 )

まず、主人公のアイリーンです。こちらはいうまでもなく殺人を犯したモンスターとして描かれています。

彼女のセリフで印象的なのは下記の言葉です。

「地獄へ落ちるがいい」

引用元:モンスター/配給会社:ニューマーケット・フィルムズ

他者の不幸を望んでいるこの発言には、アイリーンが感じてきた恨みが込められているようです。

彼女の生涯を幼少期から見ていくと、育った環境が彼女を捻じ曲げてしまったということが描かれています。

モンスターというよりは壮絶な幼少時代を過ごした可哀想な女性、としてみることもできますね。

社会からはみ出し、誰も手を差し伸べてくれなかった環境が作り出したモンスターです。

ゼルビーのおばさん

Aileen Wuornos : Serial Killer (English Edition)

黒人を差別したり、売春婦であるアイリーンに関わらないようにゼルビーに命じるなど、精神的苦痛を与えるモンスターとして描かれています。

直接犯罪に関与はしていないものの、世間体を気にして職業などで差別する一面も見られます。

一般女性といえばそうですが、社会の黒い部分を見せる濃いキャラクターです。

アイリーンとゼルビーの夢を邪魔したキャラクターとして印象的ですが、こういったポイントが映画ではモンスターとして描かれているのです。

ゼルビー

Girl/Girl Scene

ゼルビーは、アイリーンに会うまでは何も知らない世間知らずな子として描かれていました。

本作では、依存という言葉もキーになっていますが、まさにゼルビーに当てはまる要素です。

家を出てアイリーンと暮らすようになってからは、自分で働こうともせずアイリーンを頼る生活を続けていました。

しかしここで注意しなければならないのは、彼女にとってはそれが常識だったという点です。

これだけではモンスターとは言い難いですが、ラストではゼルビーがアイリーンを裏切りました。

ゼルビーをモンスターといえるポイントとは、常に自分を守ろうと保身の体制になっていることでしょう。

他人を利用するだけ利用して、自分には何の非もないと本気で思っている自分勝手で常識知らずです。

実はアイリーンを死刑にすることに加担していたのではないかという説もあるくらい。

アイリーンにとってはゼルビーが全てでしたので、アイリーンはまんまと嵌められたのではないでしょうか。

このタイプは本能的にというよりも計算してモンスター化するタイプでしょう。

そういう意味では、アイリーンとは少し違っていると思われます。

彼女自身の内面の醜さ、そして愚かさによってモンスターになってしまったのです。

まとめ

アイリーン 【モンスター】と呼ばれた女 [DVD]

実在するアイリーン・ウォーノスが起こした残忍な連続殺人事件。

アイリーンという人の根底にある「自分のためならしょうがない」という価値観が、彼女を殺人鬼にした大きな原因なのです。

そして映画【モンスター】に描かれていたのは、アイリーンのモンスター性だけではありませんでした。

私たち人間は誰でもモンスターになり得る要素を持っているのです。

人間の人格を形成するうえで重要な家庭環境や教育、人との関わり方により大きく左右されるということも考えさせられる作品だったといえます。

私たちは他者と関わりながら生きていく以上、物の分別や善悪、その境界線をはっきりと区別しておかなければなりません。

また、「自分だけよければいい」という自分本位な価値観は、持つべきではないのかもしれませんね。

本作では「どうすれば救われたのだろうか」と考えさせることに意図を感じます。

誰も手も差し伸べてくれない環境を作らないようにすることで、アイリーンのようなモンスターが生まれることを阻止できるかもしれません。

そして、モンスターが生まれることのない世界にしなければならない、という強いメッセージがあったのではないでしょうか。